HOME<<栃木2


≪Today's lineup≫
栃木駅→ 蔵の街遊歩道(遊覧船・塚田歴史伝説館)例幣使街道(油伝味噌)蔵の街大通り→ 栃木駅


蔵の街大通り


前方の信号でクロスするのが、蔵の街大通りであるが、この通りも例幣使街道の道筋にあたるらしい。
目の前に見える蔵や板塀は、「櫻井肥料店」のもので、有形文化財に指定された明治後期の建物だ。
メインストリートとなるこの大通りも名前の通り、蔵造りの建物を中心とした古い街並みが残る場所だ。
(右)櫻井肥料店の店舗。大通りに面している。

櫻井肥料店店舗

この「旧下野新聞社栃木支局」も登録有形文化財の建物だ。
新聞社にしては古過ぎるとおもったが、元々は、幕末の文久元年に肥料商の2代目毛塚惣八が建設した見世蔵だとか。

下野新聞社栃木支局 下野新聞社栃木支局

(左)珈琲“蔵”と見える。このように現在も店舗として利用されている建物が多い。
(右)古久磯提灯店見世蔵。江戸末期の弘化2年建築の有形文化財だ。

蔵の街大通り 古久磯提灯店見世蔵

(左)胡瓜とナスを買った「漬物本舗 鳥海」。ここも古い建物に見える。
(右)山本有三ふるさと記念館。江戸末期に建てられた見世蔵であるという。

蔵の街大通り 山本有三ふるさと記念館

(左)風情がある近龍寺の参道。
(右)200年以上の歴史があるという「かな半旅館」。

蔵の街大通り 蔵の街大通り

(左)好古壱番館(旧安達呉服店店舗)。大正12年の洋風木像建築で有形文化財。
現在は“じゃがいも入り焼きそば”なるものをウリとしているそば屋。
(右)奥にある蔵は江戸末期のもので、浮世絵などを展示する「あだち好古館」。

好古壱番館 蔵の街大通り

観光案内所的な場所「とちぎ蔵の街観光館」は、よくある土産物屋と食事処だ。
元は、「八百金」の名で知られた明治の荒物・麻苧問屋田村家の店舗(見世蔵、住居(母屋)、付属屋、土蔵)であったのだとか。
(右)建物の横は、神明宮の参道だ。

とちぎ蔵の街観光館 とちぎ蔵の街観光館

(左)蔵の中の展示。
(右)大通りへと戻る。

とちぎ蔵の街観光館 とちぎ蔵の街観光館

引き続き、レトロな街並みと建物を見て歩く。
(左)四次元ポケット静と見える。まあ、茶店のようだ。
(右)レトロな看板が目立つ「日星肥料」。幟を見る限りでは漬物屋なのだが・・・結構、メディアで紹介されている店らしい。

四次元ポケット静 日星肥料

(左)左の洋風建築は、大正11年建築の「関根家住宅店舗」。明治から昭和初期まで煙草卸売商を営んでいたという。
となりは、創業大正12年の「五十畑荒物店店舗」で糸綿商佐山家が明治中期に建設したという建物だ。右の建物は「井岡荒物店」と見える。
(左)昭和17年創業の老舗和菓子店「冨士屋」・明治後期の「丸三家具店店舗」・江戸中期創業の毛塚紙店店舗(明治41年建築)・
創業嘉永元年の老舗人形店「三桝屋本店」と並んでいる。

関根家住宅店舗・五十畑荒物店店舗 蔵の街大通り

そのまま蔵の街大通りを歩き栃木駅へと帰ってきた。
(左)関門橋を渡る。下を流れるのは巴波川で、この先に前半で歩いた遊歩道がある。
(右)レトロな外観の栃木市営コミュニティバス。町中で見かけなかったが運行されいたらしい。

蔵の街大通り 蔵の街大通り

<< 前へ   このページのTOP   栃木編2のTOP   日帰り歴史スポットTOP