HOME<<栃木2


≪Today's lineup≫
栃木駅→ 蔵の街遊歩道(遊覧船・塚田歴史伝説館)例幣使街道(油伝味噌)蔵の街大通り→ 栃木駅


再び、巴波川流域を歩く。
建物の裏を川が流れる風景に、水運の歴史を持つ街ならではの趣がある。

巴波川 巴波川

常盤橋の手前で川が分岐している。
分流している水路は県庁堀と呼ばれるもので、明治期になって栃木県庁が建てられた際に巡らせた堀であるという。
左右に蔵を持つ建物は旧横山家(横山郷土館)で、麻問屋と銀行を営んでいた明治の豪商の店舗兼住宅だ。

巴波川 巴波川

県庁堀の先には、現在も旧栃木町役場の建物がある。
(左)横山家はこの水路で荷揚げをしていたらしい。ちなみに、このあたりの住所は入舟町だ。

県庁堀 旧栃木町役場

例幣使街道


巴波川沿いを更に進み、嘉右衛門橋を渡ると日光例幣使街道に入る。
江戸時代、日光東照宮に向かう勅使や参拝する諸大名が利用したという道で、このあたりは宿場町でもあった。

嘉右衛門橋

油伝味噌


例幣使街道をしばらく歩くと、いかにも古い商家という佇まいの建物が見えてくる。
この有形文化財だという建物は、天明年間創業の味噌屋「油伝味噌」だという。
(右)暖簾には、「創業天明元年 油屋傳兵衛 味噌・田楽」と見える。

油伝味噌 油伝味噌

敷地の一画で、味噌田楽を提供しているらしい。

油伝味噌 油伝味噌

店内はレトロな雰囲気が漂う。
(左)大正時代のものだというレジスター。
(右)これも間違いなく古そうな電話。

油伝味噌 油伝味噌

(左)味噌田楽セット。豆腐・こんにゃく・里芋だ。
(右)明治23年の鳥瞰図。

油伝味噌 油伝味噌

例幣使街道を引き返し、蔵の街大通りを目指す。
このあたりは、国選定重要伝統的建造物群保存地区で古い建物が点在している。
(右)レトロなホーロー看板。
(左)例幣使街道において歴史と観光の中核をなす建物「岡田記念館」。
江戸時代の岡田家は、名主を努め代官役も代行した名家で、その屋敷は宿場町の本陣や畠山家の陣屋しても使用されていたという。
また、歴代の当主の名乗りである“嘉右衛門”は、 現在まで“嘉右衛門町”という地名に残っている。

例幣使街道 例幣使街道

道幅も含め、古い街並み(昭和初期かな)の雰囲気が残る例幣使街道。
(左)登録有形文化財の「天海家住宅店舗」。大正13年の建物らしい。

例幣使街道 例幣使街道

(左)現地民の強引とも思えるリコメンドで昼食にした蕎麦屋。まあ、推奨通り美味かったと思う。
(右)昭和7年建築の「舘野家住宅店舗」。この建物も登録有形文化財だ。

例幣使街道 例幣使街道

<< 前へ   このページのTOP   日帰り歴史スポットTOP   次へ >>