HOME<<江戸東京たてもの園
旧光華殿


江戸東京たてもの園は、小金井市の小金井公園にある建物のテーマパークだ。
江戸から昭和にかけての建造物を移築展示している、江戸東京博物館の
分館であるという。
まあ、ものがものだけに、展示内容のリニューアルなどは厳しいだろう。
左は、ビジターセンターとなっている、旧光華殿。
昭和15年に皇居で行われたイベント用の式殿だったらしい。
[千代田区千代田/1940年(昭和15)]

江戸東京たてもの園ホームページ
http://www.tatemonoen.jp/



センターゾーン

伊達家(旧宇和島藩の方)の門


旧宇和島藩伊達家の門。
大正時代の東京の屋敷のものらしい。
番所が付属する大名屋敷の門のスタイルを踏襲している。
[港区白金二丁目/大正期]



高橋是清邸


この如何にも昔のお屋敷という旧家は、 ダルマ宰相の呼び名で知られる第20代内閣総理大臣高橋是清邸。
元々は、赤坂に建てられた明治後期の建物で、二階が二・二六事件の暗殺現場であったらしい。
[港区赤坂七丁目/1902年(明治35)]

高橋是清邸 高橋是清邸

西川家別邸


西川家別邸。
北多摩の製糸会社を設立したという実業家 西川伊左衛門の
隠居所及び接客用の建物だとか。
大正から昭和初期の建物らしい。
[昭島市中神町二丁目/1922年(大正11)]



旧自証院霊屋


旧自証院霊屋。
尾張藩主徳川光友の正室 千代姫が母であるお振の方(三代将軍徳川家光の側室だったらしい)のために建立したものだとか。
東京都の文化財らしい。
[新宿区市ヶ谷富久町/1652年(慶安5)]



午砲


午砲。
明治から昭和のはじめにかけて皇居の旧本丸跡にあったものだという。
正午を知らせる空砲が発射されていて、東京中に聞こえたのだとか。


西ゾーン

大正時代から昭和初期の高級住宅街といった感じの一画に入ってきた。
(左)田園調布の家(大川邸)。大正14に田園調布に建てられた住宅だとか。[大田区田園調布四丁目/1925年(大正14)]
(右)建築家の前川國男邸。昭和17年、品川区大崎に建てられた住宅だとか。[品川区上大崎三丁目/1942年(昭和17)]

大川邸 前川國男邸

(左)小出邸。[文京区西片二丁目/1925年(大正14)]
建築家堀口捨己が、当時のヨーロッパの流行と、日本の伝統的な造形を折衷したデザインで設計した住宅だとか。
(右)三井八郎右衛門邸。[港区西麻布三丁目/主屋:1952年(昭和27)土蔵:1874年(明治7)]
客間と食堂部分は、明治30年頃京都に建てられ、戦後港区に移築されたもので、蔵は明治7年の建築当初の土蔵に復元しているのだとか。

小出邸 三井八郎右衛門邸

常盤台写真場。[板橋区常盤台一丁目/1937年(昭和12)]

常盤台写真場 常盤台写真場の中

江戸時代の農家が移築されている一画に来た。
八王子千人同心組頭の家[八王子市追分町/江戸時代後期]。

八王子千人同心組頭の家 八王子千人同心組頭の家

(左)綱島家。[世田谷区岡本三丁目/江戸時代中期]
(右)奄美の高倉。[鹿児島県大島郡宇検村/江戸時代末期頃]。
江戸時代に奄美大島にあった高床式の倉庫だとか。

綱島家 奄美の高倉

吉野家(農家)。[三鷹市野崎二丁目/江戸時代後期]。
江戸時代に野崎村(三鷹市野崎)の名主役を務めた家だとか。

吉野家 吉野家

東ゾーン

このあたりは、昭和の街並みに景色が変わる。
茶色のたてものが武居三省堂で明治の文具店[千代田区神田須田町一丁目/1927年(昭和2)]
右となりが昭和初期の花市生花店。[千代田区神田淡路町一丁目/1927年(昭和2)]
黒い建物は、店蔵型休憩棟だとかで飲食店になっている。

復元昭和の町並み 復元昭和の町並み

昭和の銭湯、子宝湯。[足立区千住元町/1929年(昭和4)]
千住の銭湯らしい屋根の唐破風が特徴。

復元昭和の町並み 子宝湯

子宝湯の中 子宝湯の中

(左)荒物屋の丸二商店。[千代田区神田神保町三丁目/昭和初期]
(右)植村邸。[中央区新富二丁目/1927年(昭和2)]

丸二商店 植村邸

(左)和傘問屋の川野商店。[江戸川区南小岩八丁目/1926年(大正15)]
(右)大正創業の小寺醤油店。[港区白金五丁目/1933年(昭和8)]

川野商店 小寺醤油店

(左)明治の仕立屋。[文京区向丘一丁目/1879年(明治12)]
(右)鍵屋。[台東区下谷二丁目/1856年(安政3)]下谷の言問通りにあった居酒屋の昭和45年頃の姿だとか。

仕立屋 鍵屋

(左)昭和の小間物屋、村上精華堂。[台東区池之端二丁目/1928年(昭和3)]
(右)万世橋交番(須田町派出所)[千代田区神田須田町一丁目/明治後期(推定)]。

村上精華堂 万世橋交番

(左)都電7500系。昭和37年に20両が製造され、すべてが青山営業所に配属されたのだとか。
(右)園内を走るレトロなボンネットバス。

都電7500系 ボンネットバス

江戸時代の農家、天明家。[大田区鵜ノ木一丁目/江戸時代後期]
鵜ノ木村(大田区)で名主を勤めた旧家だとか。

天明家 天明家

SL


たてもの園をあとにする。
小金井公園に何やらSLが置いてある。
国鉄C57形蒸気機関車186号機と国鉄スハフ32形客車2146なんだとか。
といったところで、今回は終了。



このページのTOP   日帰り歴史スポットTOP