HOME<< 杉戸宿
Today's Lineup
東武動物公園駅高札場跡宝性院本陣跡問屋場跡神明神社近津神社神明神社来迎院東福寺→ 東武動物公園駅
旧街道を愛宕神社前の信号まで戻ってきた。
前方は、粕壁宿方面で、左手は関宿方面であるらしい。
右手の愛宕神社参道には、造り酒屋だったという伊勢屋長兵衛邸(伊勢長跡)の古民家があったらしいのだが、東日本大震災の被害により解体されてしまったようだ。
<< 宿場本陣跡 >>
住所は、杉戸町杉戸2丁目、杉戸宿の中町に入ってきた。
門のある民家が杉戸宿本陣跡(長瀬清兵衛邸)であるという。
両側には脇本陣(酒屋伝右衛門邸、蔦屋吉兵衛邸)があったというが正確な場所の特定には至っていないらしい。
(右)東側。このあたりの何処かに脇本陣を努めた蔦屋吉兵衛邸があったようだ。
「漢方医 虎屋跡/内田周文邸」の案内板が建っている。
杉戸宿の漢方医だった虎屋善蔵の邸宅跡地ということらしい。
当時、杉戸で俳諧が流行っていたとあるので、内田周文は俳号ということであろうか。
付近では、現在も「とらや薬局」が屋号を引き継いでいる。
薬局がある場所は、すでに杉戸宿の中町から下町に移っている。
<< 問屋場跡 >>
「本陣跡地前」という交差点を渡ると 三井住友信託銀行の店先に「明治天皇御小休止阯」の碑が建っている。
当時、県の第六区区務所が置かれていて、東北巡幸に際して休憩を取ったのだとか。
江戸期においては、杉戸宿の問屋場が置かれ旅人の荷物の輸送と宿泊の調整が行われていたという。
さらに付近には、「奥羽一覧道中膝栗毛」に描かれ、実際に十返舎一九が泊まったと言われる旅籠屋の「釘屋」があったらしい。
<< 伊奈稲荷神社 >>
旧街道を少し逸れた信託銀行の裏手に伊奈稲荷神社という小さな神社がある。
杉戸宿の問屋場の裏手に位置していて「問屋場稲荷」と呼ばれたという。 なんでも杉戸宿下町で働く女衆から信仰された神社なのだという。
住所は、依然、杉戸町杉戸2丁目、旧街道に戻り、路地の奥に見えてきた神社に行っている。
杉戸宿では新町のエリアに移っている。
<< 神明神社 >>
また小さな神社であるが、杉戸宿新町の鎮守であるらしい。
なんでも、寄進者の名前に、斎藤作兵衛など名字があり、庶民の苗字帯刀が禁止されていたはずの江戸期にも名字を名乗った町民がいたことが分かるのだという。 また、別当寺院の神明院があったが、明治に廃寺になったとある。
独特な外観の銭湯「巴湯」も、昔からの屋号を引き継いでいるという。
<< 近津神社 >>
住所は、杉戸町清地1丁目、杉戸宿を抜け清地村に入った。
近津神社は、清地村の鎮守であるという。 天和4年に本社建立という記録があるようで、創建は江戸初期より前になるだろうか。 境内に残る石祠や石碑が当時の記憶を止めるものとなっている。
<< 高札場(再現)>>
近津神社の付近には、高札場が再現されている。
前半に歩いた、杉戸宿上町から関宿方面への分岐点にあったはずのものだ。
内容は、隣の粕壁宿と幸手宿まで、人や荷物を運ぶための公定運賃を定めたものとある。
例えば、“粕壁迄、荷物壱駄 六拾壱文、乗掛荷人共 同断、軽尻馬一疋 四拾壱文”などと表記されている。
<< 豊島屋/関口式右衛門邸 >>
杉戸町清地2丁目に、目を引く大きな古民家がある。
関口酒造は、江戸後期の文政5年から続く造り酒屋で、 門前には「豊島屋/関口式右衛門邸」という案内板がある。
祖先は、家康の側室 築山御前に繋がる一族で、 当時の屋号は「豊島屋」、代々、関口式右衛門も名乗っていたものと思われる。 また、古くからの銘柄「豊泉」という日本酒があるらしい。
清地2丁目交差を渡ると、角の民家の屋根に魔除けの鍾馗像が乗っている。
<< 来迎院 >>
杉戸町清地1丁目に戻り、来迎院という真言宗寺院に来た。
特徴のない近代建築であるが、鎌倉時代から続く清地村を代表するお寺であるという。
奥州藤原氏に由来するという運慶作の不動明を祀っているのだとか。
<< 東福寺 >>
旧街道を渡り、引き続き住所は、杉戸町清地1丁目。
清地村と杉戸宿の境界線に位置するという真言宗 東福寺は、とても小さなお寺であるが、 ここも杉戸宿の歴史とともにある場所なのだろう。 明治期には、自由民権運動の演説会が模様されるなど活動拠点の一つにもなったいたという。
今回の杉戸宿の見どころは、旧街道沿いに点在する古民家で、わずかに宿場の雰囲気を感じさせる存在と言えるだろう。 感想としては、上町、中町、下町といった町割りが細かい。少し歩くとあっという間にエリアが変わってしまう。 このような町割りは宿場町ではお馴染みだが、特に個々のエリアが小さいという印象を持った。
帰り道に、大落古利根沿いに観光案内所があるのを見つけた。
(左)街の所々で見かける観光マップ的なもの。
(右)奥の白い建物が杉戸宿の観光案内所。
観光案内所では、宿場の模型を見ながら杉戸宿についての解説を聞くことができる。
また、配布されている冊子も充実した内容なので、歩く前に立ち寄りたい場所だった。