HOME草加宿

<< Today's Lineup >>
草加駅旧街道八幡神社草加市立歴史民俗資料館東福寺志免屋神明宮松原望楼矢立橋甚左右衛門堰
草加伝統産業展示室百代橋草加駅


望楼/矢立橋

草加六丁目橋を渡り松並木の「松原」エリアに入っていく。
辺り一帯は、江戸時代に松が植林され、当時から「草加松原」と呼ばれた地であったという。
現在、この並木道の距離は1.5kmほどで松は600本があまり植えられているらしい。
手前のT字路で日光街道と旧街道が合流していると書いたが、どうやら、ここも旧日光街道の道筋みたいだ。
まずは、目の前にドンと建っている見晴らし施設らしきもの(マップには望楼とある)に向っていく。

松原

(左)橋の欄干で草加せんべいを焼く職人。
(中)奥の細道の行程で千住宿を出発した松尾芭蕉は必然的に次の宿場である草加宿にも逗留している。
(右)望楼に上がってみる。

松原 芭蕉像 望楼

(左)望楼から見た綾瀬川と松並木。奧には矢立橋が見える。
(右)その矢立橋。奥の細道にちなんだネーミングである。
橋と言っても川に架かっているわけではなく陸橋。進行方向に直線的に架かる歩道橋は珍しい気がする。

望楼 矢立橋

矢立橋はいわゆる太鼓橋というやつだ。
結構な高さがあって、その丸っこい上からは周辺を一望できる。

矢立橋 矢立橋 矢立橋

マップを見ているのだが・・・やはり道とは間違えるもので綾瀬川の対岸に渡る(渡る意味がなかったのだが)。
向こう側には、先程の矢立橋が見えていて、そのでっかさがよく分かる。

矢立橋

甚左衛門堰/札場河岸

(左)マップによると対岸は札場河岸とある。昔の船着場らしい。
(右)水門が見える。先程の伝右川と繋がっているのだろう。
ここらで、いい加減・・・道の間違いに気づき再び川を渡る。

札場河岸

マップには甚左衛門堰だとある。
案内板によると、「明治27年から約90年使用された2連アーチ型のレンガ造水門」だとか。
さっきの水門の前身と言うことだろうか?

甚左衛門堰 甚左衛門堰

さっきの札場河岸の対岸に来た。
その昔、野口甚左衛門家が荷駄の積み卸しをした船着き場で、屋号が「札場」だったんだとか。
先程の甚左衛門堰の初代は寛永年間製だったようなので、名前からしてこの家と関連があるのだろう。

札場河岸 札場河岸

(左)望楼の所まで戻ってきた。
(中)再び矢立橋を渡る。
(右)「松原」の松並木を歩く。

望楼 矢立橋 松原

「ハープ橋」なんて橋を渡る。
(右)橋の上から見た対岸の松並木。
綾瀬川というのは、汚い川のトップランカー的なイメージなのだが、やはり濁って見える。
写真だと、光の向きによって青く写るので分かりづらいが“どぶ川"っぽい。

ハープ橋 ハープ橋 松原

草加市伝統産業展示室

引き続き綾瀬川沿いを歩き、草加市文化会館に併設されている「草加市伝統産業展示室」へと入ってみる。
草加の伝統産業、せんべい、ゆかた、皮革製品についての展示らしい。
(中)でっかい「草加せんべい」のオブジェ。ここでも手焼き体験をやっているようだが予約制らしい。
(右)草加せんべいを焼く人形。

草加市伝統産業展示室 草加市伝統産業展示室 草加市伝統産業展示室

草加における皮革、浴衣産業の由来などが記されている。

草加市伝統産業展示室 草加市伝統産業展示室 草加市伝統産業展示室

百代橋

「草加市伝統産業展示室」をあとにする。対岸には矢立橋とそっくりな巨大な太鼓橋の百代橋が見える。
その百代橋と言うネーミングも奥の細道にちなんだものらしい。

百代橋 百代橋 百代橋

(左)百代橋を上る。
(中)橋の上から「松原団地駅」東口方面を見たところ。
(右)橋を下る。

百代橋 百代橋 百代橋

(左)今少し松並木を歩く。
(右)中曽根橋らしい。松並木はもう少し先までありそうだが、なんとなくこのあたりで引き返す。

松原 松原

(左)松ぼっくり。
(右)百代橋まで戻ってきた。今度は上がらずに松原団地駅方面に向う。

松原 百代橋

(左)東武線「松原団地」駅東口。ちなみに松原団地は西口にあるらしい。
ここから東武線の高架沿いを「草加駅」に向って歩く。
そのまま進むと、前半で、訪れた東福寺草加市立歴史民俗資料館と言ったところを通過していく。
(中・右)タヌキの商店街「駅前一番通り」をずんずん歩いていく。休日のせいか非常に閑散としている。

松原団地駅

(左)引き続き「駅前一番通り」を歩いていると「住吉とやま公園」という小っこい公園がある。
案内板によると「大川家の外にあった耕地を囲む林で・・・」と、なんか微妙な由来・・・
(右)スタート地点の草加駅東口に戻ってきた。
今回の草加宿には、所々で旧家を見かけるなど微妙に雰囲気は残っているものの、宿場の遺構としては、
これと言って目玉になるようなものはなかった印象だ。
松原エリアは典型的な散歩コースと言った感じで望楼、矢立橋、百代橋などでは高所からの景色が望める。
結局の所、やっぱり草加は「草加せんべい」の町だったという感想に落ち着く。

住吉とやま公園

<< 前へ   このページのTOP   草加編のTOP   日帰り歴史スポットTOP