HOME草加宿
草加煎餅


江戸時代の草加には、日光街道で日本橋から2つ目の宿場町があった。
1番目の宿場は千住宿で、3番目は越谷宿であったらしい。
現在は、千住宿のあった北千住からは東武鉄道でものの10分もあれば着く。
草加宿の成立に際しては、大川図書という開発をリードした人物がいたという。
湿地帯を土や草木で埋め道を通すと、それが"草加"の語源となり、やがて街道沿いには町が形成されて行くこととなる・・・そんなような話だ。
当然、今回のメインストリートは、その日光街道の旧街道だ。
"草加"と言うと"草加煎餅"のイメージしかないのだが、やはりルーツは宿場時代に遡るようで、 当初は塩煎餅であったものが醤油の普及で現在のものに近づいたんだとか。



<< Today's Lineup >>
草加駅旧街道八幡神社草加市立歴史民俗資料館東福寺志免屋神明宮松原望楼矢立橋甚左右衛門堰
草加伝統産業展示室百代橋草加駅


東武鉄道草加駅の東口に降り立つ。
駅前には草加煎餅を焼く少女と食べる少女がいる。
まずは、駅前通りから旧日光街道を目指す。

草加駅 草加駅 草加駅

今回は「今様草加宿」 というHPに掲載されているイラストマップをダウンロードしてきた。
おそらく道のりに問題はないものと思われる。ほぼ一直線であるし・・・
まずは、とりあえず、旧日光街道へと入ってきた。
このような宿場跡地をアピールする地域で、まず特徴的なのはその道幅を踏襲した商店街であるケースだ。
ここでも日光街道の幹線道路と平行してこの旧街道が走っている。
街道沿いに残る旧家と言うのも定番で、マップによると右側が「浅古正三家」とある。
江戸時代の豪商らしいのだが、左側の家も浅古さんになっていたので同じ家かも。

旧日光街道 旧日光街道

反対側の街道沿いにある「浄土宗 回向院」に入ってみたが、特に案内板もなく何も分からない。

回向院 回向院

左は、先程の「浅古正三家」の逆アングル。
その少し先には、草加市役所があり、その一画に「浅古家の地蔵堂」だと言うものがある。
と言うことは、ここまで全部「浅古家」だったってことか。さすがに豪商。
この先は、日光街道と合流していて、このあたりが草加宿の端っこ(千住側)と思われる。

旧日光街道 旧日光街道

僅かに歩いた旧街道を引き返し逆向きに進路をとる。
(左)「葛西道」とある道標。そう言う古道があったらしい。
(中)駅前通りとの交差点。左手に草加駅があり、右手には日光街道が走っている。
(右)マップに「藤城家」と載っている旧家。明治初期の家らしい。

旧日光街道 旧日光街道 藤代家

八幡神社

ちょっと前後しているが「藤城家」の手前に八幡神社の鳥居がある。
まあ、定番の神社だが、鳥居をくぐり路地を入っていくと控え目サイズの社殿が見えてくる。

八幡神社 八幡神社

案内板には、江戸後期の獅子頭雄雌一対が有形文化財になっているとあるが、これの事らしい。

八幡神社 八幡神社

道の上に張られた横断幕からは町おこしへの意気込みが感じられる。たぶんそう言う意味のスローガンだと思う。

旧日光街道

再び旧街道を先に進む。路肩に「道路元標」なるものがある。
谷塚・千住・越谷・浦和・栗橋への距離が表記されているんだとか。

旧日光街道 旧日光街道 旧日光街道

氷川神社

これまた定番の氷川神社が、これも路地の片隅にある。
案内板によると「草加宿開祖 大川図書の守り神・・・草加宿最古」とある。
ただ、神社と言っても、社殿(には違いないはず)はこの小っこさ。

氷川神社 氷川神社

「←歴史民俗資料館」とあるので、そちらに向うと草加小学校に入ってしまった。
そのまま、突っ切って裏手に回ると発掘現場にも見えるような所に出てきた。
(左)右手の建物が資料館の裏側になる。
(中)学校にはお馴染みの二宮金次郎。
(右)“内閣府地域再生計画認定記念 「今様・草加宿」地域再生プロジェクト"とあるが、ここでの意味は不明。



草加市立歴史民俗資料館

小学校を裏側から出た所に草加市立歴史民俗資料館の建物はあった。
草加小学校西校舎を流用した建物は埼玉最古のコンクリート校舎として有形文化財に指定されているとある。
何はともあれ入ってみると、当たり前だが、館内には教室や廊下に雑多な歴史・民族資料が展示されている。
漠然とした感想だが、その展示内容や展示スタイルには、これこそ“郷土資料館"という印象を懐かせるものがある。
(右)草加宿の模型。お約束の一品だが、各地で精巧なものが多い中、手作り感というか・・・グレードが・・・

草加市立歴史民俗資料館 草加市立歴史民俗資料館

(左)大川邸の1/30モデル。本陣でもあった名主の邸宅で明治天皇も逗留したという。
平成元年まで実物が残っていたらしいのだが、修復保存するほどの価値や評価を受けなかったのだろうか?
(右)草加煎餅ゆかりの展示。周囲には農機具なども多数置いてある。

草加市立歴史民俗資料館 草加市立歴史民俗資料館

(左)昔の消防ポンプ車。
(中)おじいさんの古時計とある。
(右)時節柄ひな飾りの展示もあった。

草加市立歴史民俗資料館 草加市立歴史民俗資料館 草加市立歴史民俗資料館

きらびやかな色彩と絵柄で見せる貝合わせの貝。

草加市立歴史民俗資料館 草加市立歴史民俗資料館

資料館の前は「駅前一番通り」で駅前から旧街道と平行して走っている。タヌキがトレードマークらしい。
続いては、ほとんど隣りくらいにある東福寺に向う。

草加市立歴史民俗資料館 草加市立歴史民俗資料館

このページのTOP   日帰り歴史スポットTOP   次へ >>