HOME佐原Part2



今回のスタート地点は、 「伊能忠敬記念館」裏手の駐車場あたり。
観光エリアとしては、今回も変わりがないのだが、 前回は、ほとんど外側からしか眺めなかった 建物の中も少し覗いてみたい。
特に“佐原まちぐるみ博物館”の表示がある建物には、 旧商家の古い道具やコレクションなどが伝わっているようで、見所の一つになりそうだ。



≪Today's lineup≫
伊能忠敬記念館ジャージャー橋伊能忠敬旧宅植田屋荒物店佐原街並み交流館シャローム・ナカトラふじ蔵正上並木仲之助商店中村商店福新呉服店東薫酒造法界寺荘厳寺諏訪神社吉庭香取神宮


伊能忠敬記念館


前回も来たが、折角なので入ることに。
特に“伊能図”と呼ばれる地図の正確さ精密さは、やはり一見の価値がある。
季節柄“伊能家のひな人形”なんてのも展示されていた。
伊能忠敬記念館のHP

伊能忠敬記念館 伊能忠敬記念館

(左)館の裏手にある伊能忠敬像。
(中)受付横にある控え目なサイズの伊能忠敬像。
(右)ロビーの展示スペース。

伊能忠敬記念館 伊能忠敬記念館 伊能忠敬記念館

小野川(ジャージャー橋)


伊能忠敬記念館を出ると、前を流れるのは小野川。その対岸には、伊能忠敬の旧宅がある。
ここに架かる橋が樋橋で、通称“ジャージャー橋”と呼ばれる観光スポットだ。

小野川 小野川

その“ジャージャー橋”から水が落ちる様子。これが“日本の音風景100選”なるものに選定されている。
元々は農業用の樋であったらしいのだが、現在は観光用に当時の光景を再現しているんだとか。

ジャージャー橋 ジャージャー橋



伊能忠敬旧宅


ここは、伊能忠敬商人時代の旧宅。母屋、店舗、蔵の建物が残っている。
(左)炊事場だとある。
(中・右)元帳場の奧の座敷には、時節柄、ひな人形が飾られている。

伊能忠敬旧宅 伊能忠敬旧宅 伊能忠敬旧宅

(左)母屋。手前は農業用水の跡で"ジャージャー橋"を経由していたという。
(右)土蔵。

伊能忠敬旧宅 伊能忠敬旧宅

(左)中庭の伊能忠敬像と、「この一歩から 測量の日」の記念碑。
(右)店舗の方に戻って、そこから見た"ジャージャー橋"。

伊能忠敬旧宅 ジャージャー橋

植田屋荒物店


小野川沿いを忠敬橋まで歩き、右折してすぐに前回も訪れた「植田屋荒物店」がある。
2階建ての蔵の内部を公開していて、店の奥から中庭を挟んで、蔵の入り口へと通じている。
(左)左の建物が「植田屋荒物店」だ。荒物というのは掃除用具や台所用品など日用品のことらしい。
(中)ひな人形。
(右)蔵へ続く中庭。写真では奧が店側。

植田屋荒物店 植田屋荒物店 植田屋荒物店

蔵の入り口(左)を入ると、2階への階段がある。階段の側面が収納の引き出しになっているのが特色だ。

植田屋荒物店 植田屋荒物店 植田屋荒物店 植田屋荒物店

2階に上がってきた。 壁には、古い看板が見える。
“ 産地直輸入 大分県 品質精選 千葉県佐原町 青筵特約販売 植田屋商店”と読める。

植田屋荒物店 植田屋荒物店 植田屋荒物店

佐原街並み交流館


佐原街並み交流館


観光案内所的な施設、「佐原街並み交流館」に来た。
ここは、前回香取神宮に行くのに自転車を借りたところだ。
ここにも、ひな人形がいっぱい飾られていた。
左下は、祭りの山車の模型。
右下は、「東京三菱銀行 佐原支店」の金庫室跡。
平成15年まで使われていたとある。


佐原街並み交流館 佐原街並み交流館

<< 佐原part1   このページのTOP   日帰り歴史スポットTOP   次へ >>