Now Loading...

HOME<< 幸手宿

現在地は、幸手市中四丁目。妙観横町とある方に向かってみる。
ここは、日光御廻道の道筋で、なんでも将軍家の日光社参に際して水害を回避するための迂回路だったが、一度も使用されなかった幻の日光社参路なのだとか。

妙観横町の町並みは昭和の商店街の風景。

幸手では、横から見ると古い建物という商店をいくつも見かける。
道の先には、東武日光線の線路が走っていて、左手が幸手駅、右手は、南栗橋、栗橋方面だ。



妙観横町の由来と思われる妙観院を素通り。
今回は、時間の都合上、なるべく端折ってきたが、このままのペースでは権現堂堤に何時着くのか分からない。 お花見の時間も必要なので、気持ち焦りも出てきた。


幸手宿の鎮守、幸宮神社に来た。
誉田別之命・経津主之命・大物主之命・倉稲魂之命・菅原道真祀るこの神社の創建は、元禄期より遡るとされている。
江戸時代には八幡香取社と呼ばれていたようで、誉田別之命・経津主之命は、それぞれ八幡神社、香取神社の祭神だ。
建物にも風格があり、本殿は江戸後期に、拝殿は明治期に再建されたものであるという。


田舎の神社風景という感じがする雷電神社。
境内の片隅で満開に咲く桜が印象的だ。
歴史の古い神社で、中世において幸手が田宮庄と呼ばれていた頃に総鎮守として重きをなした神社であるらしい。
由来は、垂仁天皇の時代という伝説の領域で、なんでも、田んぼに金色の雷神が落ちてきて・・・特に農民からの信仰を集めるようになったという。

境内の奥に、御嶽塚が築かれている。
神社の造山では、富士講信仰による富士塚が定番だが、これも山岳信仰によるものであろう。
本殿は、江戸末期再建のもののようだが、それが拝殿も含むのかは分からない。


日光街道に戻り、荒宿の交差点まで来た。
幸手宿では、最も日光よりの「荒宿」があった場所という事になるだろう。
また、住所は、“幸手市中”から“幸手市北”に変わる。
ここから浅間神社のある浅間横町には、時間の都合上、足を向けず、日光街道を先に進む。
(右)幸手基督教会のシンプルながら印象的なデザイン。


幸手市北一丁目の浄土宗 聖福寺に来た。
室町時代の創建とされ、本尊は阿弥陀如来、運慶作の観音像も祀られているという。
聖福寺は、日光社参の将軍や朝廷の例幣使が逗留するという幸手宿でも重要拠点の一つであった。
山門は、専用の格式を持つの勅使門(唐門)で、将軍と例幣使のみが通行できるものであるという。
現在の門は、江戸の末期、安政4年に再建されたものらしい。



北二丁目の日光街道沿いの微妙な空き地に一里塚跡の案内板が立っている。 ここは、幸手宿の北端(日光より)にあたり、いよいよ旧幸手宿の終点まで来た。 一里塚は、主要街道に一里(約4km)ごとに設置されたもので、 旅人の距離の目安であり、また休憩所でもあったという。


幸手宿の端っこ、北1丁目の正福寺は、不動明王を祀る真言宗寺院だ。
江戸時代は、僧侶を育成する檀林で、49の末寺を持っていたとあることから、当時の幸手では、かなりの有力寺院であったらしい。 しかし、時間もかなり押していることから、外側から眺めた程度で、旧幸手宿をあとにする。


さらに、しばらく日光街道を歩き、ようやく桜が満開の権現堂堤に到着。


権現堂川では、幸手宿への物資の搬入や年貢米の搬出に伴い舟運が発展していたという。
観光協会のHPによると権現堂の名の由来は、

村の中に、「熊野権現社」「若宮権現社」「白山権現社」という三つの神社を一緒にまつった旧い神社があったので、「権現堂村」という名になった。

とあり、江戸時代には、村の鎮守に由来する村名を持つ「権現堂村」があったと言うことらしい。
現在は、なんといっても、桜と菜の花の名所として知られている。

土手にある売店で、権現堂というお堂があるのか聞いてみたが、今は存在していないとのこと。
ガイドマップを見てみると、ルーツの一つと思われる熊野神社は北三丁目に存在するらしい。

今回は、桜も見なくてはいけないし、そもそも歩く予定がなかったので、旧幸手宿は、やや急ぎ足で回ることになったが、機会があれば、また訪れてみたい。