HOME松戸編<<松戸宿

Today's Lineup
北小金駅本土寺大谷口歴史公園広徳寺慶林寺東漸寺北小金駅馬橋駅王子神社万満寺馬橋駅
松戸駅善照寺宝光院松戸神社戸定邸松戸駅


松戸駅


見ての通り松戸駅の西口に出てきた。
このあたりの旧水戸街道は、江戸時代の松戸宿で、昔は関所なんかもあったらしい。
また、江戸川と坂川による水運でも繁栄した土地だという。
とりあえず、この旧街道沿いを少し歩いてみる事にする。
そして、ここから後半のメインとなるのは、 水戸徳川家の別邸だったという戸定邸だ。



やっぱり、普通の道路だった旧水戸街道の松戸宿。
この画像だと、前方が小金宿方面で、背後が、新宿・千住宿方面になるはずだ。
(右)この西蓮寺には、特に何もない感じに見えるが、本堂は江戸時代のものっぽい。

西蓮寺

善照寺



街道沿いを進んで現れたお寺を覗いてみる。
ここ善照寺は、いつ出来たんだかは不明らしいが、寛永年間にこの地に来たんだとか。
山号の“松戸山"っていうのが、いかにも地元のお寺って感じがする。
境内の正面は、江戸時代製の不動堂であるらしい。



(左)松戸七福神の布袋像と、真言宗ということで、弘法大師像が並んで立つ。
(右)本堂の鬼瓦って書いてあるので、まあ、そうなんだろう。



宝光院


宝光院


善照寺の並びにある宝光院に来た。
案内板によると、善照寺宝光院の間には千葉周作が入門した浅利義信の道場があったんだとか。
境内には、その浅利義信の供養塔があるとか、周作の父「浦山寿山」の墓があるとか、そんなことも書いてある。



山号の“梅牛山"にちなんだものか?境内の右手には、この牛など石仏群がある。

宝光院 宝光院

(左)中西派一刀流の剣士浅利義信の供養塔。。
(中)浦山寿山(千葉成胤)の墓。剣術指南役から馬医者になったらしいのだが・・・よく分からない。
(右)本堂裏を流れる坂川。

宝光院 宝光院 宝光院

街道沿いには、旧家と思えるものもいくつか見受けられるが、それも、あえて意識して見ているだけかも知れない。
このくらいは、どこにでもあるって言えばあるような気がする。





松戸神社


再び街道を進むと松戸神社が見えてくる。
この神社は、寛永年間に御嶽社として創建された日本武尊信仰の神社で、明治になって松戸神社になったんだとか。
なんでも、日本武尊が東征の際に待ち合わせをした土地だから“待土"→“松戸"になったとか言われてるらしい。
(左)街道沿いの鳥居。昭和のものみたいだ。
(右)坂川の上を境内に掛けられている潜龍橋。これも昭和製らしい。
先ほどの宝光院松戸神社は街道の向かい側にあるので、坂川も街道を横切るように流れを変えていることになる。

松戸神社 松戸神社

(左)潜龍橋の上から、なんとなく坂川を見てるところ。
(右)この本殿(拝殿か)は、江戸時代のものらしい。

松戸神社 松戸神社

(左)御神水。この龍の口からは、境内の井戸水が流れているんだとか。

松戸神社 松戸神社

松戸神社を後にする。
(左)陣屋口橋から見た潜龍橋。“陣屋口"と言うくらいだから本陣が付近にあったんだろう。
ここからは、街道を逸れて、JRの線路を越えて、“戸定が丘歴史公園"へと向かう。



<< 前へ   このページのTOP   松戸編のTOP   日帰り歴史スポットTOP   次へ >>