HOME<<甲府編


≪Today's lineup≫
甲府駅善光寺駅「善光寺」「東光寺」「武田神社」「積翠寺」「山手御門」「舞鶴城公園」「風林火山博」甲府駅


山手御門(歴史公園)


信玄時代の躑躅ヶ崎館に変わり、江戸時代には甲府城が新たな統治の拠点として築かれた。
現在、甲府駅付近に残存する当時の遺構が復元整備され観光スポットなっている。
この「山手御門」は、 発掘で出てきた石垣を土台に「高麗門」および 「渡櫓門」を復元しているのだという。
高麗門を入ると四角のスペースがあって右手に櫓門がある、これは江戸城の大手門などと同様の、いわゆる枡形というものであろう。
将軍の側用人として有名な「柳沢吉保」時代の絵図面を基にしているとなっているので、 それなりに、根拠のあるものが建ってるんだと思う。 申し訳程度の?展示スペースもある。

山手御門 山手御門

舞鶴陸橋を渡たり舞鶴城公園に向かう。
山手御門はJRの線路で舞鶴城公園と分断されている。バックに天守台や復元櫓が見える。

山手御門 山手御門

甲府城跡(舞鶴城公園)


舞鶴城公園


線路を渡り、舞鶴城公園へと来た。
江戸時代に甲斐の中心地となったのが、この甲府城下だ。
歴代の甲府藩主には、徳川義直・忠長などの徳川一門や柳沢吉保・吉里父子が任じられ、 その後には、幕府直轄地として甲府勤番の支配となっていることからも、重要拠点であり続けた事が伺える。
現在は、残存の石垣などを基に公園整備がされていて門や櫓が復元されている。



(左)本丸櫓跡。明治初年まで櫓が残っていたらしい。
(右)天守台。実際に天守があったかどうかは確認できる資料がないのだとか。

舞鶴城公園 舞鶴城公園

天守台からの眺め。元が平山城らしく、結構高いので見晴らしが良い。
(左)二の丸方面の眺望。眼下は本丸(右側)と天守曲輪(左側)の境目あたり。
(右)稲荷曲輪には稲荷櫓が復元されている。

舞鶴城公園 舞鶴城公園

(左)中央に見える五重塔が、甲府五山「長禅寺」のものと思われる。
(右)頭だけ見える富士山の雄姿。

舞鶴城公園 舞鶴城公園

(左)沈む夕日。
(右)稲荷櫓に展示されている甲府城の模型。

舞鶴城公園 舞鶴城公園

信玄像


舞鶴城公園を出て甲府駅南口まで歩く。
ここでは、やっぱり、この「武田信玄」の雄姿を撮影。
気が済んだら、駅前商店街の「風林火山博」会場までちょこっと歩く。

武田信玄像 武田信玄像

風林火山博


果して、大河ドラマ特需はあったのだろうか?
風林火山博は、甲府南口の駅前商店街で開催されていた。
当然、「風林火山号」も停まるが・・・実は、このバスのフリーパスを買ったのだが時間が合わず一回しか乗らなかった。
会場内は、1Fが意外にありきたりの土産物コーナーで、 B1が大河ドラマ連動の展示イベントになっている。

風林火山博 風林火山博

(左)楯無鎧の模型と日の丸の御旗。
(右)躑躅ヶ崎館の模型。

風林火山博 風林火山博

(左)武田時代の度量衡と名打たれたコーナー。甲州枡が展示されている。
(右)甲州金の謎について。果たして、どれほどの産出量があったのか?

風林火山博 風林火山博

(左)パソコンでクイズに答えるらしい「風林火山武田検定」のコーナー。
(右)この先が、大河ドラマ「風林火山」ゾーン。

風林火山博 風林火山博

(左)よくある衣装を着て記念撮影のコーナー。着なかったけど・・・
(右)ドラマで使用された衣装。三条夫人バージョン(左)と、由布姫バージョン(右)。

風林火山博 風林火山博

今回の甲府編は以上。


<< 前へ   このページのTOP   甲府編のTOP   日帰り歴史スポットTOP