HOME<<甲府編


≪Today's lineup≫
甲府駅善光寺駅「善光寺」「東光寺」「武田神社」「積翠寺」「山手御門」「舞鶴城公園」「風林火山博」甲府駅


風林火山号


かいてらす前にあるバス停まで戻る。
ここから、期間運行のバス「風林火山号」で「武田神社」を目指す。
駅周辺を回り道しながら20分ちょっとで到着。



武田神社


武田神社


甲府の信玄ゆかりのスポットで、最も定番といえるのが武田神社だろう。
当然、祭られているのは「武田信玄」で、ご利益は「勝運」らしい。
神社は、大正時代の創建らしく、そんなに古いものではないが、 境内は戦国期の躑躅ヶ崎館の跡地であり、当時の遺構が地味に確認できる。

神社の正面には赤い神橋が架かり、石垣と鳥居が見える。



(左)橋から見た濠。外側に掘りを回らす様は、いかにも戦国大名の居館らしいと思える。
(右)参道を進む。

武田神社 武田神社

武田神社の拝殿。丸っこい屋根は唐破風ってやつか。
宝物殿では「風林火山の軍旗」が展示されているらしい。

武田神社 武田神社 武田神社

(左)「信玄公御使用井戸」だとか。
(中)武田水琴窟だとある。突き立ってる竹に耳を当てると水の反響音が聞こえる。
(右)姫の井戸。信玄の姫の産湯に使われた名水だとかでペットボトルに汲む観光客も。 実は、ペットボトルの方を神社で売っているらしい。

武田神社 武田神社 武田神社

旧大手門の表示がある辺りにも濠らしきものがある。
付近は、公園整備工事中みたいで、緑地整備と堀・土塁の復元整備みたいな事が書いてあった。

武田神社 武田神社

甲府市藤村記念館。明治の学校を移築してきたらしい。昔の教科書を展示していた。
現在は、甲府駅北口に移転しているらしい。

武田神社 武田神社

武田神社を囲む濠沿いを歩いている。
さて、次の目的地の「積翠寺」なのだが、目の前でバスが行ってしまい、しかも数時間こない事が判明。
しかたなく、徒歩で2キロほどの山道を上がる。
舗装道路ではあるものの、これが、予想外に疲れる道のりで倍以上の距離に感じる。



小山田信茂邸跡 武田信廉邸跡


躑躅ヶ崎館の周囲に重臣の居館があったのは、当然のことで、道沿いには屋敷跡地の表示がある。
「小山田信茂屋敷跡」。
武田二十四将にも数えられる武将で、家臣よりは同盟関係にも近いとも言われる有力な領主の一人。
現在は、相川警察官駐在所が建ってる。
ほぼ、隣接して「武田信廉屋敷跡」。
信玄の弟で武田二十四将の一人。信玄の影武者説や画家としても知られる。
現在は、なんかの公園になっている。



(左)「お聖道さま」とある。信玄次男の「竜宝」の墓と伝わるものらしいが、道端で雨ざらし・・・
(右)風景は、完全に山並みと段々畑、疲れたせいか5分で飽きる景色だ。

伝 信玄次男 竜宝の墓

積翠寺


積翠寺


ようやく、着いた「積翠寺」・・・斜面に地味にその姿を表した。
篭城用の山城があった「要害山」の麓に建つ武田家の菩提寺だ。
ここは、また、「武田信玄」生誕の地でもあるらしい。
ただ、そのこと以外には、建物とかにも、これといったものがなく、 一言で言えば、山麓にある小さい寺で、あまり、観光スポットには見えない。
"信玄関連を網羅したい"という拘りがあるなら兎も角、 特別お勧めとは言い難い印象なのだが・・・
いや、歴史ファンにはその限りではないのかも知れない・・・



当初は、要害山まで登るプランもあったが、今回はとても現実的とは思えない。
入り口には「機山 武田信玄公誕生之寺」と石柱が建っている。
機山とあるのは、戒名の「法性院機山信玄」のことらしい。
(右)正面の黒い屋根が本堂らしい。右奥の山が要害山と思われる。

積翠寺 積翠寺

(左)梵鐘。
(右)お堂に鎮座する信玄と思しき像。

積翠寺 積翠寺

要害山には、いわゆる信玄の隠し湯をルーツとする温泉があるらしい。
(右)信玄公産湯の井戸だとか。信玄誕生の地を標榜する遺構である。
積翠寺 積翠寺


案内板によると、甲陽軍鑑に積翠寺の庭は夢窓疎石の作庭という記述があるらしい。
それが、現在まで残っているという意味かは分からないのだが。

積翠寺 積翠寺


今度は、山道を「武田神社」まで引き返す・・・
下りは案外、楽に歩け、今度はちゃんと2キロに感じた。
「風林火山号」が当分こないようなので、通常の路線バスに乗り、甲府駅北口を目指す。



<< 前へ   甲府編のTOP   このページのTOP   日帰り歴史スポットTOP   次へ >>