HOME<< 越ヶ谷宿<< 旧越ヶ谷宿
東武鉄道の線路方向に道を戻り、越谷市中町で旧日光街道が見えてきた。
商業地だったという越ヶ谷宿の越ヶ谷町エリアが、この道沿いに当たる。
現在も、その名残で古い商家の建物が残っているらしい。
木下半助商店の建物は文化財に指定されている。
江戸時代から続く店で明治期から金物商を営んでいるという。
現在の建物は、明治後期のものであるという。
これも明治後期の建物だという小泉家。
江戸時代に塗師市という屋号で会席膳や椀物を、後に呉服を商っていたという。
これも明治後期の建物だという鍛治忠商店。
江戸時代には鍛冶屋を現在は荒物店を営んでいるという。
(左)全体的には昭和の商店街といった趣だ。
(右)住所は越谷市越ヶ谷本町に変わり、明治期の建物らしい旧大野邸。
会田金物店の建物。
(左)越ヶ谷本町の氏神だという市神社。
(右)遠藤家の蔵。
老舗うなぎ屋の稲荷屋。
米長乾物店の建物。
元荒川沿いのコンビニで越ヶ谷宿の資料が配布されている。
旧街道を引き返し、越谷市越ヶ谷3丁目まで来た。
雰囲気ある板塀や蔵が見えるが、そこにはマンションが建っていた。
独特な景観の横田診療所は昭和10年に建てられた旧越ヶ谷郵便局の建物だという。
越谷市越ケ谷2丁目で旧街道をあとにして、越谷駅へと向かう。
(左)行徳屋の建物。
(右)田中米穀店の建物。