HOME国分寺(お鷹の道遊歩道)


Today's Lineup
国分寺駅殿ヶ谷戸庭園お鷹の道遊歩道→ 真姿の池湧水群武蔵国分寺跡資料館武蔵国分寺国分寺公園国分寺駅
吉祥寺駅井の頭公園吉祥寺駅


国分寺駅から国分寺街道が野川と交差するあたりまで来た。
不動橋なんて小さい橋が架けられている。
この野川は、国分寺崖線の湧き水を集めて世田谷区で多摩川と合流しているのだとか。
(右)天保3年に造られた石橋供養塔だとか。




駅前から少し離れると、すっかり東京らしくない風景になる。
まあ、郊外って感じか。
民家の間を、野川から分かれた清水川(元町用水)が流れている。
農業用水なのだろうと思われる。



竹と板塀と蔵、風情のある一画だ。



広い敷地の農家と思われる旧家が多く見受けられる静かな土地柄だ。



お鷹の道遊歩道


先ほどの用水沿いの小路に戻ると、「お鷹の道遊歩道」なる案内板が立っている。
なんでも、江戸時代の寛延から慶応にかけて国分寺界隈は尾張徳川家の御鷹場であったという。



「名水百選 ホタルの住む川 カワニナをとらないでね」とある。
確かに、都心の側溝と違いきれいな水が流れている。
カワニナを知らなかったが、ホタルの幼虫が餌にしている貝類らしい。



長屋門のある農家がある。ここも、おそらく地元の旧家なのだろう。



真姿の池湧水群


用水が丘陵の雑木林に向かって分岐している。
このあたり、蔵の前で野菜が売られていたり、水路沿いの板塀や、その先の赤い鳥居など風情がある光景だ。
付近には、「真姿の池湧水群」という案内板がある。
平安時代に玉造小町という絶世の美女が病気平癒の祈願のため国分寺を参詣し、この池で身を清めると病が癒えて元の美しい姿に戻ったという伝説があるのだとか。



これが真姿の池らしい。鳥居と弁財天を祀る小さな社がある。



(左)真姿の池。
(右)斜面にも小さな社がある。



名水を汲む地元国分寺市民。茶店などでもよく利用されているという。



元の水路沿いに戻る。
手前の箱は流量計だとか。文字通り川の水の量を量っているらしい。
少し歩くと、何やら建物が見えてきた。



旧本多家(武蔵国分寺跡資料館)


また、長屋門が見える。案内板には、登録文化財 旧本多家住宅長屋門だとある。
江戸時代に国分寺村の名主を務めた本多さんのお屋敷があったところだそうだ。
武家屋敷の場合は、文字通り長屋部分に家来が住んでいたのだが、民家の場合は物置などに使用したのだとか。
長屋門の先は、「おたかの道湧水園」となっていて有料(100円)で見学出来る。
(右)「史跡の駅 おたカフェ」。ここでチケットを買う。



おたかの道湧水園に入る。
地元ボランティアのガイドさんがいろいろと解説をしてくれる。
(右)この倉も登録文化財に指定されている。江戸中期に建てられ明治と昭和初期に改修されているようだ。
家財道具を収納していたといい、現在は木造モルタルの建物らしい。
ちなみに、国分寺には国宝はないらしい。



敷地の多くは竹林や雑木林で、湧水ポイントの一つになっているらしい。
ちなみに、名水百選と言うのは、保全状況や保全活動などで選定されていて水質や味を保証するものではないらしい。
真姿の池湧水群では、地元の人が水を汲んでいたが、ガイドさんの話では、煮沸しないとあまり飲むのは推奨でないそうだ。
(右)家に見えるのは「武蔵国分寺跡資料館」。確か、本多さんのご子孫が結構最近まで住んでいたという話だった。



武蔵国分寺跡資料館に入る。
中央にある武蔵国分寺境内の模型(ペーパークラフトらしい)が目に付く。
中央には、金堂と講堂、鐘楼、経蔵、東西の僧坊と言った建物があり、さらに東側には七重塔(推定60m)がそびえている。
武蔵国分寺は、鎌倉幕府末期の分倍河原の戦いに置いて消失したとされる(確定ではないらしい)が、 発掘調査において礎石や大量の瓦などが出土した事でかなり文献の裏がとれているというような話だった。



出土品では、瓦の類が多いといい、その量などからも建物推定の根拠となっているという。



武蔵国分寺


お鷹の道の終点には、現在の武蔵国分寺がある。
律令制の元、国営寺院として全国に展開していた国分寺は他の寺院に姿を変えたり、あるいは消滅したようであるが、 武蔵国分寺も、江戸時代の享保年間に再興されたものだという。
(右)江戸時代の楼門。
米津出羽守田盛の菩提寺である東久留米市の米津寺から明治になって移築したものだとある。
この米津出羽守は、譜代旗本の家系で大坂定番などを務めた人物。子の政武がの初代久喜藩主となっている。



現在の本堂は昭和62年に改築されたものだとか。



国分寺の境内は、万葉植物園なるものになっている。
なんでも、万葉集の題材になった植物が集められていて、国分寺市の天然記念物に指定されているのだとか。
一見、雑木林と雑草にしか見えないが、植物名と出典となった歌が表記されている。



(右)本多家の墓所がある。先ほどの「おたかの道湧水園」の旧主である名主一族のものであろう。



江戸時代、宝暦年間建造の仁王門。中には享保年間の阿吽の仁王像がいる。
ただ、蜜蜂注意と張り紙があり、蜂が飛んでくる。どうやら蜜蜂の巣があるようで・・・そそくさと門をくぐる。
(右)武蔵国分寺跡の案内板。
国分寺や国分尼寺の規模やテリトリー、建物など調査で判明している事が書いてある。



仁王門の先には、薬師堂がある。
新田義貞によって建立され、江戸時代に再興されたものだという。薬師如来は平安末期のものらしい。
(左)鐘楼。



国分寺と隣接している本村八幡神社に来た。
由来とか書いてなかったので、よく分からないが応神天皇を奉っているのだとか。
境内には、「土師竪穴住居跡」の案内板が立っている。
国分寺跡の発掘調査に際して、竪穴住居跡が見つかったらしい。
土師器というのは、古墳時代〜奈良・平安時代まで作られた土器だという。
本村八幡神社 本村八幡神社


武蔵国分寺公園


都立武蔵国分寺公園へ入ってきた。
国分寺の北側にある広い公園で旧国鉄鉄道学園跡地及び逓信住宅跡地なのだとか。
(右)多喜窪通りに架かる陸橋を渡る。



陸橋を渡り公園の北側に来た。



(左)旧国鉄の中央学園跡の記念碑。鉄道蒸気機関車の動輪をモチーフとしたオブジェだとか。




国分寺公園を後にして、国分寺駅へと戻る。
坂の向こうに、駅前の丸井が見えるので、そこを目指す。



「一級河川 の川」とある。一級河川だったのか・・・一級河川の定義が大きさでない事は知っていたが・・・
(右)民家の間を流れる一級河川。




国分寺駅まで戻ってきた。
この後は、総武線沿線の近場にある吉祥寺の井の頭公園に行ってみる。



このページのTOP   日帰り歴史スポットTOP   国分寺TOP   次へ >>