HOME古河

Today's Lineup
古河駅徳星寺正麟寺本成寺雀神社永井寺頼政神社永井路子旧宅正定寺篆刻美術館隆岩寺長谷観音
古河総合公園一向寺鷹見泉石記念館古河歴史博物館古河文学館福法寺古河駅


正定寺


正定寺

ここで、正定寺を通り過ぎてしまったことに気づき、ちょこっと道を引き返す。
古河で主役級のお寺と言えば、ここであろう。
大老土井利勝によって開かれた浄土宗寺院で、山号が“利勝山"だ。
土井利勝は、家康秀忠家光の三代に仕え、
幕閣として第二世代の大物と言ったところであろうか。
必殺技は、大名家改易で、これを切り札に幕府権力の強化を謀った。
家康の御落胤なんて説もお約束のネタだ。
領地は、ずっと下総で、小見川藩主、佐倉藩主を歴任し晩年は古河藩主だった。
走行する“桃チャリ号"の先に朱塗りの山門が見えてきた。

正定寺 正定寺

境内の模様。
(左)正面が本堂で、左が墓地。
(右)左端に弁天堂、右端に黒門がある。

正定寺 正定寺

(左)本堂の前にある土井利勝像。
(右)弁天堂の中。

正定寺 正定寺

(左)利勝像の隣に建つ「法然上人像」。
(中)たぬき。
(右)旧土井家江戸下屋敷表門(黒門)。本郷にあったものを移築したんだとか。

正定寺 正定寺 正定寺

(左)土井内蔵允の墓所。土井家の重臣(城代家老)だった一族らしい。
そして、墓地の奥の方、塀に囲まれた一画が土井家墓所だ。浅草の誓願寺から震災により移転したとある。
(中)土井家墓所。土井利勝夫妻の宝篋印塔。
(右)土井家歴代当主の宝篋印塔。

土井内蔵允の墓所 土井家墓所 土井家歴代当主の供養塔

福寿稲荷神社


正定寺を黒門から出ると、隣接して福寿稲荷神社がある。
七福神の神社みたいで寿老人を祀っているようだ。
創建は、元亀か天正あたりで、初代藩主小笠原秀政から厚い信仰を受けるなど、 歴代藩主の祈願所だった。
そんなあたりの事が書いてある。
(中)平成13年に火災に見舞われ、現在の社殿は平成15年製だとか。

福寿稲荷神社 福寿稲荷神社 福寿稲荷神社

篆刻美術館


さっきの交通量の多い道に戻り、永井路子旧宅のちょっと先にあったのが、これ篆刻美術館なるもの。
大正時代に酒類卸売業を営んでいた商家の石蔵を改装したものだとある。
なじみのない“篆刻"というものだが、“書道芸術のひとつで、四書・五経や漢詩などから語句を選び篆書という古文字を用いて柔らかい小さな石に刻んで押したもの"だそうだ。
やっぱり良く分からないが、読めないけど文字らしきもがデザインされたのスタンプと言ったところか。
篆刻美術館のHP

篆刻美術館 篆刻美術館

篆刻美術館 篆刻美術館 篆刻美術館

隆岩寺


ちょこっと道を逸れて、道を戻って・・・次に“桃チャリ号"を乗り付けたのは浄土宗の隆岩寺だ。
となりに、さっきの福寿稲荷神社が見える・・・無駄に回り道したらしい。
ここは、初代古河藩主小笠原秀政が夫人の父である岡崎信康のために建てたんだと書いてある。
この岡崎信康は、徳川家康の長男で、織田信長の命により自刃させられた悲運の将として知られている。
まあ、実際は、むしろ徳川家の御家騒動だったんじゃないか(織田や武田もそうだが当時珍しくない)と思うのだが、
今は、どっちでもいい、と言うかここで、こだわる話でもない。

隆岩寺 隆岩寺 隆岩寺

(右)小笠原氏墓地。正面奧が小笠原秀政の父小笠原貞慶の供養塔。左手前が岡崎信康の供養塔だとある。

小笠原氏墓地 小笠原氏墓地

長谷観音


ここは、戦国時代に初代古河公方の足利成氏が古河城の鬼門に建立したものだという。
「日本三大長谷観音」などと、威勢の良い幟が立っている。
あと2つは、鎌倉と大和の「長谷寺」だとかで、ここは鎌倉の「長谷寺」系列らしい。
ただ、なんだ、これしかないのかって印象も・・・

長谷観音 長谷観音

長谷観音 長谷観音 長谷観音

<< 前へ   このページのTOP   古河編のTOP   日帰り歴史スポットTOP   次へ >>