HOME古河

Today's Lineup
古河駅徳星寺正麟寺本成寺雀神社永井寺頼政神社永井路子旧宅正定寺篆刻美術館隆岩寺長谷観音
古河総合公園一向寺鷹見泉石記念館古河歴史博物館古河文学館福法寺古河駅


八坂神社 野渡御蔵跡


“桃チャリ号"を土手沿いに走らせる。
質素にもほどがある感じの八坂神社
なんてのを素通り。
"野渡御蔵跡"(年貢米収納庫)
の表示を過ぎると、そこに、
雀神社が現れる。



雀神社


いつできたんだか分からない雀神社の語源には「雀が原」という地名説と「鎮め→雀」と言う転訛説?とがあるらしい。
平安時代に出雲大社から分霊とかって書いてあるから、ルーツは相当古そう。
ここは、歴代の古河公方、古河藩主から信仰された神社で、現在の社殿は松平康長によって造営されたものだと言う。
社殿は、慶長年間に建立されたものだとか。

雀神社 雀神社

(左)左は神輿庫で、右は台車みたいのが入っている。
(中)その台車みたいなやつ。
(右)正面鳥居。

雀神社 雀神社 雀神社

社殿の提灯(左)と、鳥居側の狛犬(中・右)。

雀神社 雀神社 雀神社

神社の正面鳥居。左側の木(欅)が天然記念物になってるらしい。

雀神社 雀神社

永井寺


続いて“桃チャリ号"を停めたのは、ここ永井寺。人の名前みたいだが、文字通り“永井家"の菩提寺になっている。
その“永井"とは、寛永年間あたりに藩主だった永井直勝の事。ただ、「ながいでら×」「えいせいじ○」だ。
(右)小山霞外の墓。幕末の著名な書家らしい。子と梧岡・孫の遜堂も書家で共に葬られているんだとか。

永井寺 小山霞外の墓

永井家の墓所。建っているのは、初代直勝をはじめ、二代尚政、三代尚征、その弟尚傭の供養塔だとある。

永井家墓所 永井家墓所

頼政神社


頼政神社

ここ頼政神社は、名前の通り源頼政を祀っている。
以仁王を擁して平家打倒を企てた事件で知られる(失敗したけど)。
創建については、土井利益とも、松平信輝とも言われているようなのだが、
信輝の弟で高崎藩主の輝貞が燈籠を寄進したりしてるらしいので、
松平家が信仰していたのは間違いないのだろう。
ここには、河川改修に伴い大正時代に引っ越してきたものらしい。



頼政神社 頼政神社 頼政神社

河口信任屋敷跡

“桃チャリ号"を先に進める。
マンションらしき建物の前に案内板が建っている。
河口信任屋敷跡」だとか。
さっき本成寺にお墓があった藩主土井家の御側医が再登場。
日本で最初に脳、眼、頭部の解剖を行ったとか、
医師としては、最初の解剖者だとか書いてある。

古河城追手門跡


付近には、「古河城追手門跡」なんてのも。
追手門=大手門。
古河城のメインゲートが建っていたって事らしい。
高麗門と櫓門で構成された枡型形態だとか。
周囲は、必然的に堀、土塁、武家屋敷などであったらしい。



永井路子旧宅


随分と交通量の多い道へと出てきた。
この如何にも旧商家といった趣の建物は永井路子旧宅として一般公開されていた。
江戸時代末期に建てられた土蔵造りの建物なんだとか。
個人的には、作品を読んだ記憶がないのだが、定番歴史作家の一人で「炎環」で直木賞を受賞している。
“永井"と言えば、すでに永井寺や古河藩主永井家が登場しているが、たぶんそれとは関係ない。

永井路子旧宅跡 永井路子旧宅跡

永井路子旧宅跡 永井路子旧宅跡

<< 前へ   このページのTOP   古河編のTOP   日帰り歴史スポットTOP   次へ >>