HOME川越Part3<<川越城本丸御殿


Today's Lineup
川越駅→ 中院喜多院川越城本丸御殿蔵の街菓子屋横丁時の鐘大正浪漫夢通り熊野神社→ →川越駅


川越市役所


住所が郭町から元町に変わるところで、 川越市役所が見えてきた。 何やら修理中のようだ。 トレードマークの太田道灌像もチラッと見えるが、 柵に覆われている。
まあ、別に市役所に何も用事はないのだが。



昼食は、その市役所前の交差点にある蕎麦屋「百丈」という店に入ってみた。
外観がレトロな建物だが、昭和初期のもの(旧湯宮釣具店)で、登録有形文化財及び都市景観重要建築なのだとか。

百丈 百丈

いよいよ“札の辻”交差点から、川越観光のメインストリート「蔵の街一番街」へと入る。
このあたりは、川越城下の商人街、上五ヶ町の南町であった場所だという。
ただ、現在の蔵の街の風景は明治の大火により造成されたといい、イメージは江戸であるが、明治の街並みということになる。
(右)市指定有形文化財の長島家住宅。「幸すし乾蔵」の表札が見える。

一番街 一番街

(左)前回、中を見学した「旧大沢家住宅」。
蔵の街のルーツと言える江戸時代の建物で国の重要文化財に指定されている。

一番街 一番街

いつもは、この路地でラーメンを食べるのだが、今回は蕎麦を食べているので素通り。

一番街 一番街

この路地から、これも定番のスポット菓子屋横丁に向かう。

一番街 一番街

何やらカメレオンが出現している。

一番街 一番街

菓子屋横丁


お土産としても人気の菓子屋横丁に来た。

菓子屋横丁 菓子屋横丁

適当に買い物して一番街へ戻る。

菓子屋横丁 菓子屋横丁

蔵の街のメインストリートに戻ってきた。
商売替えはされているものの建物は文化財級のものが並んでいる。
(左)前回、見学した「蔵の街資料館」。
煙草卸商(屋号「万文」)を営んでいた旧小山家の建物で有形文化財に指定されている。
(右)有形文化財「平岩・水飼家(旧正木屋)」。明治の糸繭製茶煙草問屋だったのだとか。

一番街 一番街

川越のシンボル「時の鐘」が3時の鐘を鳴らしている。
このあたりまでくると旧町名では、上五ヶ町から下五ヶ町にエリアが移り、ここは多賀町であったらしい。

時の鐘 時の鐘

(左)手前「宮岡家(旧町勘)」、奥「小谷野家(旧深善)」ともに有形文化財の建物。
(右)これも有形文化財の「原家(旧やまわ)」。

一番街 一番街

(左)有形文化財の「田中家(旧桜井商店)」。大正時代の洋館で中が土蔵造りという変わった建物らしい。
(右)これも有形文化財の「松崎家」。明治の入母屋造りで、元は砂糖商だったのだとか。

一番街 一番街

ここから、大正浪漫夢通りに入ると川越駅まで一直線に商店街が続く。
(左)山崎美術館であるとか。

山崎美術館 大正浪漫夢通り

大正だと思えば、そうも思えるレトロな商店街だ。

大正浪漫夢通り 大正浪漫夢通り

(左)有形文化財「加藤家(旧小松屋)」。
(右)昭和10年創業の和菓子屋だという「いせや」で焼き団子を食べて先に進む。

大正浪漫夢通り 大正浪漫夢通り

最後に銭洗弁天の幟が立つ熊野神社に入ってみる。
なんでも、天正13年に紀州熊野より勧請されたという神社で、地元では酉の市で知られる場所であるという。

熊野神社 熊野神社

銭洗弁天のシステムは、有名な鎌倉のものと同様、ザルに入れたお金に柄杓で水をかけるようだ。
といったところで、今回はここで終了。川越駅を目指す。

熊野神社 熊野神社