HOME川越Part3<<川越城本丸御殿


Today's Lineup
川越駅→ 中院喜多院川越城本丸御殿蔵の街菓子屋横丁時の鐘大正浪漫夢通り熊野神社→ →川越駅


川越に城は残っていないが、時折、その痕跡が見受けられる。
「川越城田曲輪門跡」の石柱が建つ、この場所には「富士見櫓」があったのだという。
なんでも、天守閣代わりを務めた三重櫓であったのだとか。

富士見櫓跡 富士見櫓跡

富士見櫓跡 富士見櫓跡

階段を上がっていくとお社があった。

富士見櫓跡 富士見櫓跡

道標


「本丸御殿」は間もなく150mらしい。
「三芳野神社」や「市立博物館」の表示もあるが、前回訪れているので今回は行かない。
現在の住所は“郭町”で、いかにも城下町であった名残を連想させるものだ。 付近にはそのもの“城下町”や“大手町”といった住所も見受けられる。



川越城本丸御殿


前回は、改修工事中で見学できなかった本丸御殿に入ってみる。
本丸御殿は、嘉永元年に竣工したという建物で、現在は、玄関・広間・家老詰所など一部が残るのみであるという。
川越藩は、徳川の譜代・親藩大名家が治めた要衝の地で、本丸御殿も本来は、書院などの部屋を含むかなり大きなものであったようだ。

本丸御殿 本丸御殿

本丸御殿 本丸御殿

本丸御殿 本丸御殿

本丸御殿 本丸御殿

(右)家老詰所で絵図面を睨む重役たち?

本丸御殿 本丸御殿

(右)大広間に飾ってある大鎧のレプリカ。

本丸御殿 本丸御殿

本丸御殿を後にし、蔵の街一番街へと向かう。
途中見かけた、「川越城中ノ門堀跡」なる場所に入ってみる。
この場所に「中ノ門」と「中ノ門堀」があったらしい。そのまんまだが。

中の門堀跡 中の門堀跡

空堀の遺構も残っている。
なんでも、大手門から侵入を想定した備えで、深さ7m、幅18m、勾配は東側60℃で西側30℃なのだとか。

中の門堀跡 中の門堀跡