HOME川越Part3
秋の川越の街を訪れた。
これまでと基本的に回る場所は代わり映えしないが、今回も川越の定番を歩いてみる。
時間の都合上、やや大雑把になるが、まずは、喜多院を中心とする寺社エリアに向かう。
Today's Lineup
川越駅→ 中院喜多院川越城本丸御殿蔵の街菓子屋横丁時の鐘大正浪漫夢通り熊野神社→ →川越駅

中院


「中院」に来た。
現在は、独立した寺院のようだが、山号は「喜多院」と同じく「星野山」だ。
元々は、無量寿寺という寺院の「中院」と「北院」で名前の通り、当時は「中院」が中心的な施設であったらしい。

中院 中院

中院 中院

喜多院


仙波東照宮から喜多院の境内へと入る。
喜多院境内にあるこの東照宮は、日光・久能山と共に日本三大東照宮に数えられる由緒ある建物だ。

仙波東照宮 仙波東照宮

「喜多院」の建造物は文化財級のものばかりで、そんなところからも当時のステータスの高さが伺える。
(左)重要文化財の慈眼堂。
(右)重要文化財の鐘楼門。

喜多院 喜多院

天海僧正ゆかり寺院として有名な喜多院の見所は、客殿(徳川家光公 誕生の間)・書院(春日局化粧の間)であるが、ここは、前回も見学しているので、今回はパスする。
(左)県の有形文化財の慈恵堂。
(右)県の有形文化財の多宝塔。

喜多院 喜多院

(左)小江戸川越七福神 大黒天。
(右)土産物屋の前に屯するハト。

喜多院 喜多院

山門を出たところに「日枝神社」がある。
とても小さな神社であるが、ここも重要文化財に指定された由緒ある場所で、 「赤坂氷川神社」は、ここから分祀されたものであるという。

日枝神社 日枝神社

日枝神社を後にする。

日枝神社

何やら賑わいを見せるのは「成田山川越別院本行院」の境内だ。
骨董市のようだが、結構な人を集めている。
嘉永6年の創建の本行院は、明治10年に成田山系列の寺院となり、七福神の恵比寿神も祀っているという。

成田山川越別院 成田山川越別院

成田山川越別院 成田山川越別院

この後は、川越城本丸御殿に向かう。

成田山川越別院 成田山川越別院