HOME≪川越Part2



≪Today's lineup≫
<博物館エリア>三芳野神社川越市立博物館氷川神社
<蔵の街エリア>広済寺大沢家住宅養寿院菓子屋横丁蔵造り資料館時の鐘長喜院
<喜多院エリア>中院仙波東照宮喜多院


気持ち的には、かなり焦りながら、ようやく喜多院エリアへと入ってきた。
辺りには、喜多院の他に中院、仙波東照宮、日枝神社と並んでいるが、 元は喜多院と一体であったもので、
この一帯はまさに喜多院のエリアと言える。


中院


まずは、中院に来た。「天台宗 星野山」は、もちろん喜多院と同じ宗派山号である。
平安時代の建立とされ、元々は「星野山 無量寿寺」の北院、中院、南院と言うがあったのだという。
“北院”は当然現在の喜多院の事だが、“中院”という名前からも当初は、ここが中心的な寺院であったようだ。

中院 中院

中院 中院

南院跡 南院跡


道端に石仏が取り残されたように立っている。
「星野山 無量寿寺 多聞院 南刹 南院遺跡」だとある。
「南院」は明治の神仏分離や廃仏毀釈のどさくさで廃寺になってしまったらしい。



仙波東照宮


中院から喜多院へと向かう途中にある仙波東照宮に来た。
寛永年間、喜多院時代の天海が創建したもので、明治の神仏分離で喜多院から独立している。
“東照宮”なので、当然徳川家康を祀っている。

仙波東照宮 仙波東照宮

(左)境内にかかる石橋から見ると堀がある。
(右)やはり時間が遅かったか、社殿へ上がる階段の上は門が閉まっている。

仙波東照宮 仙波東照宮

喜多院


拝観時間を考えると、なんとかギリギリといった感じで喜多院に着いた。
正式名称は「天台宗 星野山 無量寿寺 喜多院」で、 天海が赴任し“北院”を“喜多院”と改名したのだという。
徳川政権の実力者天海を迎えて、喜多院は川越の宗教的な中心施設として君臨していたものと思われる。
寛永年間に喜多院が火災で焼失すると、再建に際して江戸城から「徳川家光誕生の間」が客殿として「春日局化粧の間」が書院として移築されている事などからも 特別な存在であったことは想像に難くない。
現在は、観光スポットして中心的なポジションを担う存在で、本堂、客殿、書院、庫裏と言った建物内部を拝観出来る。
(左)慈恵堂 。これが喜多院の本堂。
(右)慈眼堂。天海を祀っているお堂。

喜多院 喜多院

庫裏の受付で拝観料(400円)を納め、建物内の見学に向かう。
「徳川家光誕生の間」や「春日局化粧の間」も見ることが出来る。

喜多院 喜多院

建物から眺める庭の風景も見どころの一つだ。

喜多院 喜多院

(右)「曲水の庭」という案内板が下がっている。遠州流東好み枯山水書院式平庭だとか。
遠州流は現在まで続く茶道の一派で近江小室藩主小堀政一(遠州)の流れを組む流派らしい。
小堀遠州と言えば、作庭の名人として有名であり、そういった技術も受け継がれているのであろう。

喜多院 枯山水 喜多院 枯山水

これが「曲水の庭」。枯山水だって事くらいしか説明見ても分かんないけど。

喜多院 枯山水 喜多院 枯山水

喜多院 枯山水 喜多院 枯山水 喜多院 枯山水

喜多院 喜多院

本堂へと続く回廊。

喜多院 喜多院

ここにも庭の説明書きが下がっている。「遠州流 轉号の庭」だとか。

喜多院 喜多院

時間に余裕が無くザーッと建物内を見学したあと、次は五百羅漢の見学に向かう。
(左)多宝塔。
(右)庫裏。

喜多院 喜多院

ここは、日本三大羅漢の一つに数えられ、石仏の羅漢像が538体あるそうだ。

喜多院 羅漢

これらは、天明2年から文政8年の50年間に作られたものだという。
まあ、おそらく、面白いと思うか、気味悪いと思うか、印象は人によって様々だろう。

喜多院 羅漢 喜多院 羅漢

山門を出て喜多院を後にする。
(右)山門の前には喜多院を徳川所縁の寺として興隆させた天海が立っている。

喜多院 喜多院


喜多院を出た頃には、すっかり、夕方になってしまったので、 後は、寄るところもなく、スタート地点の本丸御殿前まで戻ってきた。
写真には「川越城 本丸門跡」の碑が建っている。
以上で、今回の川越編PART2は終了、帰路につく。



<< 前へ   このページのTOP   川越編PartUのTOP   日帰り歴史スポットTOP