HOME<<粕壁宿

≪Today's lineup≫
春日部駅東陽寺東八幡神社碇神社最勝院成就院粕壁神明社→ 春日部駅


粕壁宿では、日光寄りの端っこが、この辺りになりそうだ。
正面は、最勝院で右手は普門院、古い寺町だったエリアのようだ。

最勝院 普門院

最勝院


最勝院は、粕壁宿を代表する寺院で普門院などは末寺であったらしい。
明治時代には、小学校や税務署などにも利用され、大相撲の巡業やサーカス、武道大会などの各種イベント興行が催されたという。
(左)かなり規模の大きなお寺なのかと思ったが、そうでもなく、境内は何か殺風景で閑散とした印象だ。

最勝院 最勝院

境内の一画に、春日部重行の墓と伝わる塚がある。
春日部重行は、南北朝時代に後醍醐天皇に味方(南朝方)して戦った武将で、上総国の一部と下総国下河辺荘春日部郷などの地頭職を務めていたが、足利尊氏との戦いで戦死を遂げたのだという。 春日部の地名の由来とも言われる人物だ。

最勝院 最勝院

成就院


最勝院の隣には、立派な山門が印象的な成就院がある。ここも最勝院の末寺であったらしい。
とくに由来などの案内板はなかったと思う。

成就院 成就院

山門をくぐると正面に本堂、右手に社務所がある。

成就院 成就院

(左)境内の片隅にある七福神像。
(右)お寺の猫らしい。

成就院 成就院

とっても人に慣れたこのネコが寄ってきては戯れる。

成就院 成就院

旧街道を少し引き返し、昭和レトロな雰囲気の商店街へと入ってみる。

旧街道 商店街

レトロな外観の建物が並ぶ一画であるが、ここは商店街も月曜は休みか?

商店街 商店街

(左)印鑑屋らしい。
(右)澤井銃砲火薬店とある。この手の店は初めて見た気がする。

商店街 商店街

シャッター絵が見られるということは、やっぱり休みってこと。
(左)神明宮の祭礼のようだが、熊手なので酉の市か。

シャッター絵 シャッター絵

街角にはレトロな映画看板もある。

レトロ映画看板 レトロ映画看板

春日部駅の付近まで戻ると宿場の守り神であったという粕壁神明社がある。
なんでも、江戸由来の新穀感謝祭が、明治以降に「春日部のお酉様」と呼ばれる酉の市になり多くの参詣客を集めるようになったという。
先ほどのシャッター絵に描かれていたのはこの神社だったようだ。
(左)酉の市の賑わいが今一つピント来ないような小さな神社だ。
(右)社殿の前では、ネコが昼寝中。

神明社 神明社

お土産を買った老舗和菓子屋の店前には昭和33年の写真が出ていた。

和菓子屋 和菓子屋

蕎麦屋


蕎麦屋で遅めの昼食を済ませたところで、今回の粕壁宿めぐりは終了。
まあ、感想しては予想以上に特に何もないといったところ。
せめて、各施設が休みになる月曜は避けるべきだったか。



<< 前へ   このページのTOP   粕壁宿TOP   日帰り歴史スポットTOP