HOME鎌倉Part2



Today's Lineup
鎌倉駅浄妙寺報国寺旧華頂宮邸杉本寺釈迦堂口切通し鎌倉駅
本覚寺妙本寺常栄寺八雲神社安養院安国論寺妙法寺鎌倉駅



後半は、鎌倉駅から、今度は南進(たぶん)大町方面へと向う。
写真は、「鎌倉郵便局」横の道標。
まずは、上の2つの本覚寺妙本寺へ向う。
ここからは、日蓮宗系列の多いゾーン、日蓮聖人の足跡が残る。



本覚寺


駅からすぐ側にある本覚寺は、日蓮宗の寺院だ。
どうやら日蓮聖人ゆかりの寺ということになるらしい。
創建は室町時代で、佐渡配流帰りの日蓮が一時布教の拠点していたという「夷堂」がベースだと言う。


(左)門をくぐると、まず「日蓮上人御分骨堂」(中)なんて建物がある。
日蓮宗の総本山は、山梨にある身延山の久遠寺なのだが、そこまで行くのがしんどいって人のためのものらしい。
(右)鐘楼。鐘は室町時代のものだとか。

本覚寺 本覚寺 本覚寺

本堂は大正時代のものらしい。

本覚寺 本覚寺

(左)中央の石碑には、たぶん、「五郎入道正宗碑」と書かれている。あの刀工正宗の墓があるらしい。
(右)これが、日蓮ゆかりの夷堂みたいだが、どう見ても古く見えない。 それもそのはずで、昭和再建のものらしい。

本覚寺 本覚寺 本覚寺

(左)左端の石碑には、鎌倉十橋「夷堂橋」について書かれているようだ。
(右)この仁王門が本堂正面なので、こっちがメインゲートだったようだ。
江戸時代製のもので、どっかから移築してきたらしい。

本覚寺 本覚寺

「夷堂橋」の上にいる。下の川は、先ほどと同じ「滑川」だが、このあたり来ると「夷堂川」と呼ばれているんだとか。
場所によって(短い区間で)、いくつも呼び名の変わる川だってことらしい。

本覚寺

妙本寺


時は鎌倉時代、すでに実権は執権北条家に移っている。
この妙本寺は、比企一族の生き残り、比企熊本という人物によって比企能員邸の跡地に建てられた。
この人、北条氏との権力争いに敗れ比企一族が滅んだ「比企の乱」、順徳天皇側について戦った承久の乱と敗残の憂き目にあうも、 しぶとく、鎌倉に舞い戻り、一族滅亡の地で菩提を弔うことになったらしい。
その比企熊本が日蓮宗だったとかで、現在まで、日蓮宗の寺院として続いている。
北条氏サイドが、滅ぼした相手でも慰霊とか鎮魂までもは、妨げないというスタンスは、いかにも日本的である。


本覚寺の仁王門のから出て「夷堂橋」を渡ると妙本寺へと続く直線が。
山門と、“○○堂"って感じの丸っこい建物が見える。

妙本寺 妙本寺

(左)江戸時代後期のものらしい山門。左には「比企能員邸址」の碑が立つ。
(中)山門のとなりの丸っこいやつは、幼稚園の建物だった。幼稚園として建てたとは思えない建造物だが・・・
(右)境内の入り口。

妙本寺 妙本寺 妙本寺

(左)本堂らしい。
(右)江戸時代後期のものらしい二天門。

妙本寺 妙本寺

(左)日蓮聖人像。
(右)天保年間のものらしい祖師堂。

妙本寺 妙本寺

(左)比企一族の墓。付近には、源頼家の嫡男一幡の袖塚なるものもあるようだ。
(右)前田利家の側室「寿福院」の供養塔と伝わるものだと思うのだが関連はわからない。

妙本寺 妙本寺

(左)この先にはあるのは「竹御所」の墓らしい。源頼家の娘で、四代将軍の藤原頼径の妻だとか。
(中)「日蓮聖人鎌倉開教聖地」と記された碑。
(右)源頼家の妻「若狭局」を祀る蛇苦止堂。比企の乱の際に、右側の井戸に飛び込んで自害したんだとか。

妙本寺 妙本寺 妙本寺

常栄寺(ぼたもち寺)


次もまた日蓮聖人ゆかりの寺。ちっこい寺だが、“ぼたもち寺”の文字が“なんだそれって”感じで目を引く。
当然、鎌倉時代のものなんだろうと思ったのだが、やや意外にも、ここ常栄寺は、江戸時代の初期の創建だという。
ただ、由来は鎌倉時代の故事にちなんだものらしく、なんでも、幕府の神経を逆撫でして龍ノ口の刑場に送られる途中の日蓮聖人 に桟敷尼が“ぼたもち”を捧げたとんだとか・・・そんな話みたいだ。


境内は狭く小綺麗な感じ。本堂には、由来の場面を描いたらしい絵があった。

常栄寺 常栄寺 常栄寺

八雲神社


なんとなく入ってみた八雲神社、鎌倉最古の厄除け神社なんだとか。
新羅三郎義光とあるので平安後期にルーツを持つものと思われる。


境内は、特に何の変哲もない小さい神社だ。
境内の奥は、「祇園山のハイキングコース」になっていて、パート2で訪れた高時切腹やぐらに続いているらしい。

八雲神社 八雲神社 八雲神社

(左)東京オリンピックの聖火台と同じ鋳物師によるものとある天水盤。
(中)境内の末社。諏訪神社・稲荷神社・於岩稲荷神社と見える。
(右)宝物殿。ガラス越しに、神輿とか瓦とかが見える。ガラスのせいで写真は上手く写らなかった。

八雲神社 八雲神社 八雲神社

通りの向こうに見えるのは「上行寺」という、これまた日蓮宗の寺。
左甚五郎作の龍の彫り物とかあったらしいのだが素通り。

上行寺 上行寺

安養院


続いて訪れたのは、日蓮宗とは仲の悪かったらしい浄土宗の安養院
統合を繰り返し誕生したという安養院は3つの寺の集合体といった感じのの寺院だ。
そのルーツは北条政子源頼朝の菩提寺として建てた長楽寺だという。
本尊は、「阿弥陀如来」だが、統合された田代寺の名を残す「田代観音」なる「千手観音」も祀っていて、
「坂東三十三観音霊場」の3番札所なんだとか。


山門をくぐり境内に入ると、奥にすぐ本堂。

安養院 安養院

本堂のアップと、更にアップ。

安養院 安養院

(左)地蔵堂らしい。
(中)「重要文化財 安養院 宝篋印塔 鎌倉時代1308年建立」とある。
(右)その宝篋印塔の由来を記した立て札。

安養院 安養院 安養院

(左)その宝篋印塔。右側の控え目のサイズのが、北条政子の墓と伝わる宝篋印塔。
左側の、大きいのが鎌倉に現存する最古の宝篋印塔で、尊観上人の墓と伝わるものだとか。
(右)本堂右手あたりの景観。

安養院 安養院


道標に従い歩いて行くと、間もなく次の目的地の妙法寺ではなく、
となりの安国論寺方に先に着いた。
まあ、どっちでもいい話だが・・・



安国論寺


ここ安国論寺は、再び日蓮さんゆかりの寺院だ。
日蓮が、鎌倉での布教の中心処点のひとつとして草庵を結んでいたものを、その弟子日朗上人が寺としてアップグレードしたものらしい。
日蓮の代表作「立正安国論」もここで執筆されたんだとか。
そして、この「立正安国論」が「松葉谷の法難」なんて事件を発生させる。
「立正安国論」でもって浄土宗などに喧嘩を売った日蓮上人であったが、 その浄土宗門徒の襲撃を受け草庵から避難する事態に陥る。
自ら喧嘩を売っておきながら、万事“法難”で片付けるところが日蓮宗らしい流儀ではある。
もっとも、江戸時代と違い、宗派間の武力抗争など珍しくなかったのであろう。


(左)「松葉谷根本霊場」「日蓮上人草庵址」の碑が立つ。
(右)山門。額の文字は「安國法窟」。

安国論寺 安国論寺

(左)(中)本堂。額の文字は「立正安国」。
(右)御小庵。元禄年間に尾張徳川家の寄進によって建てられたらしい。

安国論寺 安国論寺 安国論寺

(左)日朗上人荼毘所。
(中)熊王殿とある。この上は展望スペースになっているようだ。
(右)「松葉谷日蓮上人遺跡」とある。
ただ、この“松葉ヶ谷跡地”に関しては、候補地が複数あって確定していないようだ。
次に訪れる妙法寺や、その先、材木座方面にある長勝寺も“松葉谷跡地”を表明しているらしい。

安国論寺 安国論寺 安国論寺

妙法寺(苔寺)


こちらも“松葉谷跡地”を表明しているライバル?妙法寺は、安国論寺のお隣さん。
大まかな由来としては、日蓮聖人が草庵を結び布教の処点としていたが、「松葉谷の法難」で焼き討ちされ、
その跡地に日叡上人が建てた寺という事になっている。
要は、安国論寺と似たような由来が記されている分けだが、違いとしては、 日叡上人というのが護良親王の遺子であり、その菩提を弔うという意味合いが付加(こちらが主かもしれないが)されているところだ。


安国論寺の山門を出て、右旋回すると「高祖御小庵之本土」の碑が立つ妙法寺の参道がある。

妙法寺 妙法寺

室町時代後期のものらしい惣門の横には「松葉谷御小庵霊跡」の碑が立つ。
境内に入ると本堂が見えてくる。

妙法寺 妙法寺

(左)江戸時代のものらしい本堂。
(中)本堂の横にある庫裏らしき建物。
(右)なんだかわからないが大覚殿らしい。

妙法寺 妙法寺 妙法寺

本堂を回り込んで行くと、推定江戸時代後期のものだという「仁王門」が現れる。

妙法寺 妙法寺

(左・中)その仁王像たち。
(右)「薩摩屋敷事件戦没者の墓」。ただ、それは三田にあった江戸薩摩藩邸上屋敷での事だ。
幕末に、西郷隆盛の挑発にのせられた庄内藩兵などによって引き起こされたとされる。

妙法寺 妙法寺 妙法寺

別名「苔寺」の由縁であろうか、苔の階段。通行用の階段は別にある。

妙法寺 妙法寺

(左)階段を上がっていくと、この年季の入った建物が姿を見せる。江戸時代の法華堂という建物らしい。
(右)これも、古ぼけて見える鐘楼。

妙法寺 妙法寺

(左)その法華堂。
(中)なんだかわかんない横穴と石仏らしきもの。
(右)これが、由来の根拠になっている「松葉ヶ谷御小庵跡」。

妙法寺 妙法寺 妙法寺

更に、この階段を上がっていくと「護良親王の墓」がある。
護良親王と言えば、前回パート2では終焉の地 鎌倉宮 に訪れている。

妙法寺 妙法寺

鎌倉駅


横着して帰りはバスで鎌倉駅まで戻ってきた。
ルート後半は、日蓮聖人の足跡が残る寺院の多い大町方面を歩いたが、
その先の、材木座方面にも見所のある寺院はあるようである。
いずれ、訪れる機会もあるかもしれないが、今回はここまで。



<< 前へ   このページのTOP   鎌倉編Part3のTOP   日帰り歴史スポットTOP