HOME鎌倉Part2


Today's Lineup
北鎌倉駅東慶寺浄智寺長寿寺薬王寺海蔵寺源氏山公園銭洗弁財天佐助稲荷神社大巧寺高時切腹やぐら宝戒寺荏柄天神社鎌倉宮源頼朝の墓鎌倉駅


鎌倉駅


「鎌倉駅」が見えてきた。
駅を超えると、鶴岡八幡宮参道「若宮大路」に出る。
午後からは、鎌倉の市街に繰り出してみる。



大巧寺


「若宮大路」沿いに見えた、この「大巧寺」によってみる。
源頼朝がこの寺で軍評定を開いて平家に大勝したため、大行寺→「大巧寺」に名を改めたんだそうだ。
でも、なんで“大巧”なのかは書いてないのでわからない。
あとは、安産祈願のお寺で“おんめさま”の愛称で呼ばれているとある。
確かに小綺麗な庭もあるが、鎌倉にあっては、町中の小さいお寺って感じだ。

大巧寺 大巧寺 大巧寺

鶴岡八幡宮のデッカイ鳥居が見える。二の鳥居だ。
でも、そっちには行かないで、右折して「小町大路」の方に行ってみる。

若宮大路

「小町大路」は「若宮大路」のような大通りではなくて、落ち着いて歩ける小路って感じだ。
(中)蔵を改造した鎌倉工芸ギャラリーだとか。
(右)「日蓮上人辻説法跡」だって書いてある。

鎌倉工芸 日蓮上人辻説法跡

東勝寺跡(高時切腹やぐら)


東勝寺橋


「高時切腹やぐら」なんて表示があったので行ってみる事に。
途中には、“歴史的風土保存区域”なんて表示がある。
その「東勝寺橋」は、大正13年に建造された“アーチ橋”だとあるが、
自分が橋の上にいるから分からない。
そこから見る「滑川」の景色は、なかなか趣があった良い。
また、ここには「青砥藤綱旧蹟」の碑が立っている。
鎌倉時代の名裁判官(引付衆らしい)なんだそうだ。



ハイキングコースの入り口らしき場所に出てきた。今日は行かないけど。
(左)「東勝寺跡」なんて表示が出てくる。
新田義貞の鎌倉攻めで、北条一族が最後を遂げた場所とのこと。
国の史跡とあるが、戦国時代に廃絶って書いてあって、発掘レベルでしか残ってるものはないようだ。
(右)これが「高時切腹やぐら」らしい。やはり“櫓”ではなく、例の鎌倉特有の“横穴”のことだったようだ。

東勝寺跡 高時切腹やぐら

土佐坊昌俊邸址

「小町大路」に戻ってきた。
「土佐坊昌俊邸址」という石碑がある。
また、誰だそれって・・・
どうやら、この時代の中でも波乱の人生を送ってる人物らしい。
源義朝の下で平治の乱を戦い、敗れるも生き残り、
出家してみたものの暴れて捕縛、頼朝に拾われたようだが、
最後は義経暗殺に失敗して斬首・・・
大雑把に、そんなところみたいだ。



宝戒寺(北条氏屋敷跡)


ここ宝戒寺の境内地は、歴代の鎌倉幕府執権の屋敷があったところなんだそうだ。
その跡地に、足利尊氏が北条氏の霊を弔うために建てたのが、このお寺「宝戒寺」だとある。
このあたりの事情、実に日本的だ。
また、萩の名所として有名らしい。
(中)「北条執権邸旧蹟」の碑。
(右)本堂。本尊は地蔵菩薩。

宝戒寺 宝戒寺

(左)境内の井戸。
(中)見たとおり鐘楼。
(右)北条氏の供養塔にしては新く見えるが・・・縁起の書かれた石碑を見ると・・・いかんせん漢文・・・

宝戒寺 宝戒寺 宝戒寺

筋替橋跡


「筋替橋」の碑。鎌倉十橋なんてものがあるらしく、そのひとつらしい。
三浦康村の叛乱に際して、北条時頼方の安達景盛軍の集結地だったみたいな事が書いてある。
この少し先で、道が分かれていて、「お宮通り」なんて道に入っていく。
いよいよ、佳境に入ってきて、次の目的地は「鎌倉宮」と思ったが、
手前に「荏柄天神社」があったので立ち寄ってみる。



荏柄天神社(日本三古天神)


平安時代、雷雨と共に“天神画像”が降ってきた・・・それはファンタスティックなことで・・・でも画像か・・・
どうでも良いツッコミはともかく、この荏柄天神社は、太宰府天満宮、北野天満宮と共に三古天神社なんだと書いてある。
必然的に、祭神は、菅原道真。天神様の常として、受験生に人気のスポットとなっているようだ。
国の史跡だという、この境内は広くはないものの、鎌倉らしい山に囲まれた風情は、ここにも健在だ。
(左)この風景が良いのだが、コースも後半となると、階段はボディーブローのように効いてくる。
(右)この拝殿の奥にある本殿は鎌倉時代のもので重要文化財みたいだ。

荏柄天神社 荏柄天神社

境内で、目立つ存在なのが、この「絵筆塚」なるもの。
題字は、川端康成が、また柄の部分には、154人もの漫画家によって「河童」が描かれているらしい。

荏柄天神社 荏柄天神社

荏柄天神社を後にし鎌倉宮を目指す。
「鎌倉宮」の鳥居が見えて来た頃には、このあたりも定番のコースらしく観光用人力車が追い越していく。

荏柄天神社 鎌倉宮

鎌倉宮(護良親王幽閉の地)


明治2年に、後醍醐天皇の皇子護良親王最期の地に、親王を祭神として創建された神社となっている。
明治維新後のこの時期に、同じように倒幕により為し得た、建武の新政の英雄を求めたであろう事は想像に難くない。
鎌倉宮公式HP
(左)社号には、「官幣中社 鎌倉宮」とある。いわゆる“旧社格”の高い神社ってこと。
(中)生誕700年らしい。
(右)厄割り石だとか。百円払って、盃を石に投げつけて割るらしい。

鎌倉宮 鎌倉宮 鎌倉宮

境内手前の写真。やはり、画的に緑が綺麗だ。階段が短いのもポイント(単にいい加減歩いて疲れているからだが)。

鎌倉宮

鎌倉宮 鎌倉宮


メインキャラクターとして前面に押し出している
「獅子頭守 」。
強面ながらちょっと愛嬌のある(大抵そういうものか)この獅子を 護良親王も所持したという、しかし御利益もむなしく、親王は非業の最期を遂げる・・・


鎌倉宮 鎌倉宮

鎌倉宮


これなるは、「身代り様」。
吉野山で、護良親王を逃がすため、身代わりとなり自刃した「村上義光」の
武勇にあやかったもののようだ。
でも、なんか違和感ないだろうか?座る姿勢が不自然だし、なにより弱そう・・・
案内板による「身代り様」の由来には、剛毅な武将の姿が記されているが・・・
そもそも「撫で身代わり」って言うネーミングがイケてない・・・
などと、散々言ってしまったが、この「村上義光」記念撮影の人気者だった。



足利直義によって護良親王が幽閉されたと伝わる「土牢」。
(左)深さ4m、広さが、八畳だって書いてある。
罪人扱いだったとは言え、この時代、皇族に対し、ここまで容赦ない感覚を持てたのか疑問がないでもない?
もっとも、後醍醐天皇護良親王こそが、皇室の有り様からハジケ飛んだ存在だったかもしれないが。

鎌倉宮 鎌倉宮 鎌倉宮

(左)御構廟。足利直義の家臣で、直接手を下した「淵辺義博」が、親王の首級を曝したところらしい。
(中)日叡上人を供養する多宝塔だとある。親王の皇子(日賢上人)の師にあたる人物らしい。
(右)教育勅語碑だそうだ。

鎌倉宮 鎌倉宮 鎌倉宮

この宝物殿は変わっている。外からガラス越しに見るのだ。
ガラスの反射で、写真はロクに写ってないが、まあ、なんとなく、こんな感じだ。

鎌倉宮 鎌倉宮

大蔵幕府旧蹟


ここからは、鎌倉駅方面に戻っていく。
写真は「大蔵幕府旧蹟」の碑。
北条氏に権力が移る前までは、この地にあった源頼朝の屋敷が幕府の中心であったようなことが記されている。
道標によると、右が「鎌倉宮」、左「鶴岡八幡宮」、前が「源頼朝の墓」。
もちろん、「源頼朝の墓」に行ってみる。



源頼朝の墓(大江広元・島津忠久・毛利季光の墓)


源頼朝の最期については、歴史ミステリーの恰好のテーマになっている。
果して、国の史跡になっているという、この墓も確かなものなのだろうか?
(左)ここも、人気の観光ルートらしく、人力車がいる。
(中)源氏、お約束の「白旗神社」。頼朝が葬られた「法華堂」跡地に建っているとのこと。
現在の墓は、江戸時代に島津重豪によって整備されたものだって書いてある。
(右)「頼朝公御石塔及び元祖島津豊後守忠久石参道」だと思う、と言うよりそう見える。

頼朝の墓 頼朝の墓 頼朝の墓

やっぱり、階段は上がる。と、言うほどでもないが・・・
右写真の、中央に立つ石塔が「源頼朝の墓」と言う事らしい。

頼朝の墓 頼朝の墓

わざわざ一旦下りて、横の脇道をちょこっと行くと、また階段がある。
その上に、大江広元島津忠久の墓があるはずだ。
見えてきた、鳥居をくぐると、またちょっと階段があって、その上にそれらしいものが。
(右)由来とか書いてあるんであろう亀。人物の名前くらいは自分にも読み取れる。

大江広元の墓

(左)大江広元の墓。頼朝のブレーンの一人、幕府政所の初代別当。
(中)毛利季光の墓。大江広元の四男で毛利氏の祖先に当たる人物。
(右)島津忠久の墓。島津氏の祖で、源頼朝の庶子だと言う説があるらしい。
まあ、いずれも、これだけ見てもなんだかわかんないけど。

大江広元の墓 毛利季光の墓 島津忠久の墓

畠山重忠邸址


予定のルートは、まわったので、鎌倉駅を目指して歩く。
「畠山重忠邸址」の碑なんてのがある。
「坂東武士の鑑」と称され、その武勇と人柄で名高い御家人であるという。
ただ、このような人物でも最後は非業の死を遂げている。
並外れた権謀術数なくしては生き残れない時代だったのだ。


鶴岡八幡宮


駅を目指していたら自然と鶴岡八幡宮の境内に入ってきた。
(左)前回、休館だった「鎌倉国宝館」だが、今回も素通り。
(左)源頼朝実朝を祀っているという「白旗神社」。
(中)鶴亀石。"水で洗えば鶴亀のような輝きを出すと伝えられる名石"だそうだ。

鎌倉国宝館 鶴岡八幡宮 鶴亀石

お約束のショットだが、今回はやっぱり素通り。
階段下には、2010年に強風で倒壊してしまった大銀杏が健在だ。
(右)

鶴岡八幡宮 鶴岡八幡宮

鉄の井


「小町通り」へと歩いていく。
またまた、「鎌倉十井」の「鉄の井」なんてのがある。
なんでも、井戸から鉄観音像の首が出てきたんだとか。



ショッピングストリート「小町通り」に来た。
(中)試食できることもあり、人だかりの漬物屋。小茄子と杏が美味いのだが、原材料に中国産の文字が・・・
(右)テレビでも紹介されコロッケが人気らしい店。並んでまでって気がしなかった。

小町通り 小町通り 小町通り

鎌倉駅


鎌倉駅に戻ってきた。
今回のルートは、これで終わりだが、まだまだ、鎌倉には見所がありそうだ。
きっと、また訪れる事になるであろう。
と、中途半端な予告?で終わる。



<< 前へ   このページのTOP   鎌倉編Part2のTOP   日帰り歴史スポットTOP   Part3へ >>