HOME鎌倉Part2


前回のPart1では、かなり定番どころを中心に回った鎌倉だが、まだまだ到底回りきれるものではない。
今回は、基本的には、前回行かなかった場所となり、今日は、江ノ電には乗らない。
大まかなルートとしては、また北鎌倉からスタートするのだが、前回訪れた、円覚寺建長寺とは、 鎌倉街道を挟んで反対側の
東慶寺浄智寺長寿寺と進む。
前半、北鎌倉のメインは、今年から一般公開になったらしい長寿寺だ(足利尊氏の墓があるらしい)。
その後は、源氏山方面に登り、コースも中盤の銭洗弁財天は、定番中の定番。
更に、鎌倉市街に降りて、後半は、護良親王ゆかりの鎌倉宮を目指す、というルートだ。
そして、やっぱり、鎌倉に多いのは、坂と階段・・・まあ、そんな、ところだ。

Today's Lineup
北鎌倉駅東慶寺浄智寺長寿寺薬王寺海蔵寺源氏山公園銭洗弁財天佐助稲荷神社大巧寺高時切腹やぐら宝戒寺荏柄天神社鎌倉宮源頼朝の墓鎌倉駅



見ての通り、北鎌倉駅前だ。
ずっと“鳩サブレ”だと、思っていたが、
“鳩サブレー”だったらしい。
しかも、東京のものだとも思ってた。
そもそもは、鶴岡八幡宮参拝土産の定番だったようだ。



東慶寺(縁切寺)


北鎌倉駅を出て、鎌倉街道を少し行くと、最初の目的地の東慶寺がある。
名前は知らなくても、「駈込寺・縁切寺」と言うとピンとくるって人が多いのではないどろうか。
この「縁切寺の寺法」と言うのが、江戸幕府も公認したという特異なもので、このお寺の権威の程が窺いしれる。
ここでは、キーパーソンとして、3人の姫の存在がある。
まずは、初代の「覚山尼」。(創建は嫡男の北条貞時になるらしい)
北条時宗の正室で、兄は安達泰盛と、権勢の真っ只中にあり、差詰め今風に言えば“超セレブなお姫様”だ。
2人目は、第5世「用堂尼」として君臨した後醍醐天皇の皇女だ。
それにより、「松ヶ岡御所」と称されるようになった、このお寺のステータスも上昇したんだとか。
そして、3人目の第20世「天秀尼」の正体は、豊臣秀頼の姫であるという。
大阪夏の陣の後に、豊臣家断絶を企てた、徳川家康によって送り込まれたとなっている。


この草木の中、山門に上がる階段が、いかにも鎌倉らしい(に限らないかもしれないが)景色だ。
本堂は、釈迦如来を祀っているんだとかで、昭和10年の建物らしい。

東慶寺 東慶寺

(左)背後に山並みが見える境内は、ここが山の麓にあるんだって感じる景色(そのまんまか)。
(中)この鐘は、南北朝時代の古いものが残ってるらしい。
(右)茶室らしき建物。

東慶寺 東慶寺 東慶寺

(左)境内中程に、おもむろにある大仏?デカくはないが。
(中)外からは、立派な蔵に見える「松ヶ岡宝蔵」。いわゆる資料館だが、今回は見なかった。
(右)「さざれ石」とか書いてある。石灰質角礫岩だとか、余計わかんないか。

東慶寺 東慶寺 東慶寺

境内の奥の斜面の慕域には、著名人?の墓が多くあるようだが、ほとんどは、マニアック過ぎて?知らない。
(左)大松博文の墓。東京オリンピック・バレーボール金メダルの監督らしい。
「根性」と書かれたバレーボールのオブジェが目を引く。
(中)岩波書店創立者の岩波茂雄の墓。
(右)「後醍醐天皇 皇女 用堂女王墓」と書いてある。この階段上がるらしい。

東慶寺 東慶寺 東慶寺

階段を上がったところ歴代住職の慕域のようだ。
これは、東慶寺中興「釈宗演墓」。誰だそれ・・・と思ったのだが、明治・大正期の仏教界の大物らしい。
慶應義塾福沢諭吉に学んだ秀才で、禅を英語で世界に広めた人物なんだとか。
ちなみに、微妙に写ってないが、この写真のちょこっと右側に、第20世「天秀尼墓」(秀頼娘)がある。

釈宗演墓

(左)後醍醐天皇皇女の「用堂尼墓」。
(中)北条時宗の正室で、この寺の開山「覚山尼墓」。
墓地とはいえ、山の斜面から眺める景色はなかなかのもの。

用堂尼墓 覚山尼墓 東慶寺

浄智寺


東慶寺を後にして、
鎌倉街道を更にちょっと歩いて、
浄智寺へと向かう。
「五山第四 浄智寺」
「鎌倉 江ノ島 七福神 布袋尊 浄智寺」
なんてのが、見えてくる。



浄智寺(鎌倉五山四位)


臨済宗なので、ここも鎌倉らしい禅寺ってことだ。
ここは、北条宗政の菩提を弔うために創建された寺で、本尊は阿弥陀如来・釈迦如来・弥勒如来だという。
この人物は北条時頼の3男で、北条時宗の弟にあたるらしい。
鎌倉五山にラインナップされる格式の高い寺だが、建物類は関東大震災で壊滅し、その後に再建されたものらしい。
案内板によると、それでも、境内全体が、国の史跡に指定されているとのこと。

浄智寺

(左)外門の前にある鎌倉十井のひとつ「甘露の井」。鎌倉には、こういった名水スポットが多い。
言葉のイメージとは裏腹に、このあたりは水事情が悪くて、まともな水が貴重だったってことらしいのだが。
(右)写真だとわからないが、上層が鐘楼になっている変わったタイプの山門。真新しく見える。

浄智寺 浄智寺 浄智寺

扁額に曇華殿とある、仏殿らしい。

浄智寺 浄智寺 浄智寺

方丈だと思われる建物。ここもやはり庭がきれいだ。

浄智寺 浄智寺

(左)本堂の裏手に肩身の狭い感じで立つ「聖観世音菩薩像」。
(中)このトンネルをくぐった先には、「鎌倉 江ノ島 七福神」の布袋さんがいる。
くじら目で、指差す、この布袋さん、撫でるとご利益があるみたいで、記念撮影の人気ものになってた。
(右)この一帯は、やぐら跡。"やぐら"というのは、"櫓"ではなく、鎌倉特有の"横穴に墓のあるやつ"のことらしい。
そのあたりの地面に置いてあるタヌキ。写真のサイズ合わせで載せただけで、特に意味はない。

浄智寺 浄智寺 浄智寺

浄智寺 浄智寺 浄智寺

長寿寺


鎌倉街道に戻り、また少し歩くと、今回の注目「長寿寺」へとたどり着く。
前回のPart1でも、通っているはずだが、全く気がつかなかった。
それも、そのはずで一般公開されていなかったらしいのだ。
「本日特別拝観」と札が出ているのだが、曜日を意味するのか、期間限定なのかは定かでない。
果たして、足利尊氏の墓とは?
早速入ってみる。



長寿寺(足利尊氏の墓)


有名人の墓とされるものが複数伝わるというのは、良くあることではあるが、なぜここなのか?
ちょっと怪しいのかと思ったが、寺の縁起を見ると、そのあたり結構一目瞭然だったりする。
なぜなら、ここは、尊氏の子で「鎌倉公方」の足利基氏が父の菩提を弔うため「足利邸跡」に建てたものだからだ。
ちなみに、実際に、墓に埋葬されているのは"遺髪"と伝わっているようだ。

長寿寺 長寿寺 長寿寺

境内に入ると、新築されたと思しき「方丈・書院」と綺麗に整備された庭が。案内人までいる。
ここまでして、期間限定は、たぶんないだろうなあ?

長寿寺 長寿寺 長寿寺

長寿寺 長寿寺 長寿寺

長寿寺 長寿寺

真新しく見える境内の中で、この観音堂は年代物に見える。
奈良の園成寺に在った多宝塔を改造移築したものだと書いてある。

長寿寺 長寿寺

長寿寺 長寿寺

(左)これが、その「足利尊氏の墓」だ。
この時代の権力者は、供養に立派な寺を建てたりしても、あくまで墓は質素を好んだのだろうか。

足利尊氏の墓 長寿寺

<< Part1へ   このページのTOP   日帰り歴史スポットTOP   次へ >>