HOME<<日野<<佐藤彦五郎

<<Today's Lineup>>
日野駅宝泉寺八坂神社井上源三郎資料館日野宿本陣日野宿交流館 大昌寺佐藤彦五郎新選組資料館
甲州街道駅→(多摩モノレール)→ 万願寺駅土方歳三資料館 石田寺高幡不動尊 高幡不動駅


日野宿交流館

日野宿交流館 日野宿交流館


日野宿本陣を後にして 道の対岸に見える 日野宿交流館へと入る。
元は八王子信用金庫だったという建物には、 当然ながら「日野宿」関連の展示がある。
↓は日野宿の模型。



日野宿交流館 日野宿交流館

大昌寺

大昌寺


甲州街道から少しはずれ見えてきたのは 関ヶ原の2年後慶長7年に建立されたという寺院大昌寺
「日野宿」の名主で本陣の主、そして自らも天然理心流を修め新選組の強力な支援者となった佐藤彦五郎を輩出した佐藤一族の菩提寺だ。



大昌寺 大昌寺

(左)日野宿のいわゆる時の鐘だったらしい。
(中)大昌寺を建立した讃誉上人の墓。市の史跡になっている。
(右)これも市の史跡、玉川居祐翁の墓。
新選組メンバーとは天然理心流の同門で浪士組や甲陽鎮撫隊で行動を共にしている。

大昌寺 大昌寺 大昌寺

これが佐藤家の墓所。上佐藤家と下佐藤家があり共に名主を務める家柄だった。
(左)上佐藤家。幕末には佐藤信嘉という人物が天然理心流の門人であったとある。
(右)下佐藤家。佐藤彦五郎土方歳三の姉ノブ夫妻がいるのはこちら。

大昌寺 大昌寺

佐藤彦五郎新選組資料館

佐藤彦五郎新選組資料館

この立派な一軒家が佐藤彦五郎新選組資料館
「誠」の旗が立っていなければ、確実に素通りしてしまうところだ。
系図を見る限り館長さんは直系の子孫ということになる。
また、佐藤彦五郎土方歳三の従兄弟、義兄である事もわかる。
この家の左側の一画が資料館となっていて、ここでも館長自らが
資料の説明にあたっている。
天然理心流免許皆伝の腕前を持つ彦五郎だが、実戦経験もあり刃こぼれした刀剣(たぶん農兵隊組織時)なども展示されている。
書や手紙の類も多く、近藤勇土方歳三沖田総司永倉新八と言った新選組メンバーの他、榎本武揚大鳥圭輔永井尚志佐久間象山などの幕末に活躍した人物の筆跡を比べて観る事も出来る。


佐藤彦五郎新選組資料館 佐藤彦五郎新選組資料館

川崎街道 高幡不動道標


この後は、日野駅周辺を離れ土方歳三ゆかりのスポットがある日野市石田へと向う。
画像は川崎街道から甲州街道に戻るところ。 街道の合流地点には「高幡不動尊道」の道標がある。



しばらく、また甲州街道を歩く。
見えてきたのは多摩モノレール。甲州街道駅から万願寺までこれに乗っていく。

有山家の蔵 甲州街道 甲州街道駅

<< 前へ   このページのTOP   日野編のTOP   日帰り歴史スポットTOP   次へ >>