HOME房総のむら

The route of Today's Boso-no-Mura
安食駅→バス→ 街並み武家屋敷上総の農家房総風土記の丘資料館竪穴式住居安房の農家下総の農家安食駅


安房の農家


再び、農家に来た。 ここは、江戸時代後期に建てられた安房郡三芳村増間の平野家を再現した場所だという。
母屋は安房地方にみられる別棟造りで、他に馬小屋・灰小屋で構成されているのだとか。

房総のむら 房総のむら

房総のむら 房総のむら

下総の農家


安房の農家から下総の農家に入ってきた。
こちらは、江戸時代中期の成田市堀之内の平山家を再現しているという。
主屋・土蔵・長屋門・灰小屋・作業小屋・木小屋で構成されている。

房総のむら 房総のむら

(左)たぶん土間。
(右)機織り機。

房総のむら 房総のむら

長屋門を出たところ土蔵や母屋の屋根が見える。
(左)門の外に置いてある舟。

房総のむら 房総のむら

房総のむら


いかにも村にありそうな庚申塔群。



スタート地点の商家の町並みまで戻ってきた。

房総のむら

房総のむら


安食行きのバスを待つ。



<< 前へ   このページのTOP   房総のむらTOP   日帰り歴史スポットTOP