HOME房総のむら

The route of Today's Boso-no-Mura
安食駅→バス→ 街並み武家屋敷上総の農家房総風土記の丘資料館竪穴式住居安房の農家下総の農家安食駅


武家屋敷


見えてきたのは江戸時代の武家屋敷だ。
なんでも、佐倉市宮小路にある中級武士の武居家をモデルに再現したものだという。

房総のむら 房総のむら

主屋。「居間」「食事室」「勝手」「土間」などに部屋割りされているらしい。

房総のむら 房総のむら

離れ。これは、イベント用に建てたものらしい。

房総のむら 房総のむら

上総の農家


農村風景らしき場所に出た。
ここは、上総地方の代表的な名主クラスの農家を再現したものだという。

房総のむら

母屋の他に、長屋門、土蔵、馬小屋、納屋、木小屋、作業小屋がある。
母屋は山武郡大網白里町砂田に現存する秋葉家を、それ以外は市原市栢橋の内藤家がモデルであるという。

房総のむら 房総のむら

(左)土蔵。
(右)母屋の土間。

房総のむら 房総のむら

(左)来客用の中の間。
(右)中二階。奉公人の部屋だとか。

房総のむら 房総のむら

炭焼き小屋のようだ。

炭焼き小屋 炭焼き小屋

水田


田んぼの小路を歩き次のエリアに向かう。



<< 前へ   このページのTOP   日帰り歴史スポットTOP   次へ >>