HOME房総のむら

2008年12月。
千葉県印旛郡栄町にある「房総のむら」は、江戸時代の街並みや農村を再現したテーマパークだ。
昔、房総風土記の丘と呼ばていた(今もそうか?)古墳群の中にあり、それなりに広い(アバウト過ぎるが)敷地を歩くものだ。
ちなみに、この手のテーマパークでは、以前、小金井市の江戸東京たてもの園を訪れている。


The route of Today's Boso-no-Mura
安食駅→バス→ 街並み武家屋敷上総の農家房総風土記の丘資料館竪穴式住居安房の農家下総の農家安食駅


何にもない感じのJR成田線の安食駅(あじき)に降り立った。
ここから、誰一人乗ってない(たまたまだとは思うが)バスに10分弱ほど乗る。

安食駅 バス

房総のむらに着いた。
(右)管理棟の建物。千葉県議会議事堂の外観を再現したものだとか。

房総のむら 房総のむら

商家の町並み


まず、入るのは商家の町並みとあるエリアだ。
千葉に残る佐原などの古い町並みを参考にしたという17軒の建物が道を挟んで再現されている。
時代劇のロケなどにも使用されるスポットであるという。
入り口付近は、道を挟んで旅館(総合案内所)とめし屋が建っている。

房総のむら 房総のむら

佐原などにもある土蔵造りの商家。むしろ川越の方が多いイメージか。
(左)菓子屋のあまは屋。
(右)お茶屋の山辺園。

房総のむら 房総のむら

(左)本・瓦版の店、葛飾堂。
(右)細工の店、きよすみ。

房総のむら 房総のむら

(右)薬屋の佐倉堂。

房総のむら 房総のむら

(左)瀬戸物屋のすゑ屋。

房総のむら 房総のむら

水路


水路を渡り次のエリアへと向かう。



このページのTOP   日帰り歴史スポットTOP   次へ >>