HOME足利<<足利まちなか遊学館・善徳寺

≪Today's lineup≫
足利駅樺崎寺跡明石弁天法楽寺法玄寺織姫神社戸田家陣屋跡鑁阿寺石畳通り足利学校足利まちなか遊学館
善徳寺足利市駅


足利まちなか遊学館


足利まちなか遊学館


足利学校の入り口に佇む孔子像の隣に、足利まちなか遊学館なる施設がある。
なんでも、足利の伝統産業である織物関係資料の展示や、観光情報の提供、地域イベントなどの紹介をしているのだとか。
せっかくなので、中を覗いてみる。



(左)八丁撚糸機だとか。
(右)足踏織機だとか。

足利まちなか遊学館 足利まちなか遊学館

(左)組物機械だとか。
(右)糸巻き。

足利まちなか遊学館 足利まちなか遊学館

(左)陸橋の上から足利学校が見える。こうやってみると、ここも敷地が濠で囲まれていることが分かる。
(右)奥に見えるのはの境内。次は、ここに寄ってみる。

足利学校 善徳寺

(左)善徳寺の山門だが、ここからは入れないようだ。
(右)道路を挟んで見た足利学校。

善徳寺 善徳寺

善徳寺


足利学校やスタート地点の太平記念館と隣接して「善徳寺」は建っている。
足利尊氏による創建と伝わる名刹で、尊氏の位牌と衣冠束帯姿の木坐像が残っているんだとか。
(左)本堂は、2002〜2003年にかけて解体修理したらしい。
(右)屋根の龍をアップで撮ってみたもの。

善徳寺 善徳寺

(左)社務所かな。
(右)ネットに、平重盛の五輪塔と伝わるものだと載っていた。なんで清盛の嫡男がここに?本当か?

善徳寺 善徳寺

行きはJR足利駅から来たのだが、帰りは東武の足利市駅へと向かう。
(右)渡瀬川の土手がある。



渡良瀬川を渡る。奥に見えるのが、森高千里の歌で有名な“渡良瀬橋"のはずだ。



りょうもう号


足利ということで、尊氏ゆかりのスポットをまわるのかと思いきや、どうやら、
足利家二代目の義兼と次代の義氏が主役だったような気がする。
居館の跡地でもあった鑁阿寺などが代表的なところだ。

ホームに東武鉄道の特急「りょうもう号」が入ってきた。
今回は、以上。



<< 前へ   このページのTOP   足利編のTOP   日帰り歴史スポットTOP