HOME足利<<鑁阿寺

≪Today's lineup≫
足利駅樺崎寺跡明石弁天法楽寺法玄寺織姫神社戸田家陣屋跡鑁阿寺石畳通り足利学校足利まちなか遊学館
善徳寺足利市駅


戸田家陣屋跡


これからは、「足利学校」「鑁阿寺」といった定番の歴史スポットに向かう。
途中、古代瓦センベイの看板がある香雲堂の店頭に「陣屋大門」なんて表示がある。
足利藩主戸田家陣屋跡まで130mらしい。
せっかくなので、その瓦せんべいを食べながら、その130m先に行ってみる。

陣屋大門 古代瓦センベイ 香雲堂

たぶん、130m歩いたんだろう"足利藩主戸田家陣屋跡"の表示が現れた。
この戸田家は宇都宮藩戸田家の分家で、初代の忠時から8代藩主忠行まで160年余りを治めたという譜代大名だ。
1万1千石という小身の大名家だったため、 城は築かれず陣屋で政務を執っていたらしい。
さっそく、表示のある路地に入っていくと、そこには民家が・・・

戸田家陣屋跡 戸田家陣屋跡

「藩主の井戸」なるものが、かろうじて遺構らしきものか?
ご自由にお飲みくださいとある。

戸田家陣屋跡 戸田家陣屋跡

鑁阿寺


鑁阿寺


「鑁阿寺」は「足利学校」とセットで足利のシンボル的な観光スポットだ。
足利義兼が邸内の持仏堂に本尊として「大日如来」を祭ったのが始まりとされ、 「足利氏邸宅趾」として鎌倉時代の武家屋敷の遺構でもあるという。
その後に、次代の義氏が堂塔伽藍を建立し足利一門の氏寺としたものが「鑁阿寺」である。
地元では、現在まで「大日様」として親しまれているのだとか。



寺やお屋敷が、無防備に存在できるのは、江戸時代以降の話。中世の寺社に土塁・堀は必須だ。
象徴的な「楼門と反橋」は、鎌倉時代に建てられ、室町時代に再建されたものだという。
当たり前かもしれないが、屋根には足利家の家紋が見える。
橋は江戸時代の再建らしく、県の指定文化財だとか。

鑁阿寺 鑁阿寺

修復中なのか、シートが邪魔だった「大御堂」。国の重要文化財に指定されている鎌倉時代で最古の建造物だという。
もちろん、ここの屋根のにも足利家の家紋がある。

鑁阿寺 鑁阿寺

(左)弘法大師像。
(右)日本一でかい「多宝塔」らしい。県の指定文化財。
徳川家により再建されたもので、本尊の大日如来などの他に、足利家・徳川歴代将軍の位牌が祀られているという。

鑁阿寺 鑁阿寺

(左)鐘楼。義兼建立のものと伝わる国の重要文化財。梵鐘は元禄期のものだとか。
(右)中御堂(不動堂)。義兼により創建され、桃山時代に再建されたものらしい。

鑁阿寺 鑁阿寺

(左)国の重要文化財の「経堂」。義兼が妻の供養のため建立し、室町時代に再建された。
(右)市の重要文化財「校倉」。宝庫・大黒堂とも。宝物をどかして大黒天を祀っているらしい。

鑁阿寺 鑁阿寺

(左)市の重要文化財「北門(薬医門)」。江戸時代の再建だとか。
(中)県の指定文化財「西門」。義兼により創建され、室町時代に再建されたものだとか。
(右)県の指定文化財「東門」。西門と同様に室町時代の再建だとか。

鑁阿寺 鑁阿寺 鑁阿寺

(左)県の指定文化財「御霊屋」。足利大権現と称し赤霊堂とも。徳川家の再建で足利十五代像を祀っている。
義兼の父と祖父にあたる足利義康・義国の墓所もあるのだという。
(右)本坊の建物らしい。

鑁阿寺 鑁阿寺

(左)紅葉と多宝塔遠景。
(右)山門を出て、足利学校へと向かう。

鑁阿寺 鑁阿寺

<< 前へ   このページのTOP   足利編のTOP   日帰り歴史スポットTOP   次へ >>